無限の夢想

アクセスカウンタ

zoom RSS グリザイアの迷宮〜起承転結の転まで〜

<<   作成日時 : 2012/03/14 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

フロントウイング10周年作品はまだまだ終わらんぜよ。>挨拶


画像

いや10周年なんだから11周年まで引きずらずに一気に終わらせろよと言ったらそれまでですがw
画像に特に意味はありません、国防は大事だねって事です。
今の日本は・・・ちゃんと国防してるかい?(マテ

【グリザイアの迷宮 簡易レビュー(微ネタバレ注意)】

グリザイアの本編自体はもはや少々の懐かしさを含みますが待望の続編が最近発売されました。
普段FDの感想を書かないのが私流で昨今で珍しく書いたのは恋空くらいですが、今作はFDという扱いとはまた違う「第2部作」という印象を受けたので簡単ながらも雑感などを。
当初は何故3部作に分ける必要があったのかと不満たらたらでしたが予想以上に壮大な世界観が詰まっていたので手抜きせずにライター陣が描き切るには必要な事だったのかもと感じたりもします。
前作に引き続きアニメーションを用いたデモは完成度が高く魅入ってしまいました。
フルプライス帯なのはいいとして毎回祖父地図で妙にデカい豪華版売るのはどうなのよとw
少しは学習して果実の時よりマシになってましたが遠方から店まで来る人は大変でしょう。
私は布はいらないですがドラマCDは気になるので何とも微妙な気分にはなります・・・


■原画 ★★★★☆(4)

各絵師のタッチも去る事ながら相変わらずグラフィック技術そのものが高クオリティで見惚れました。
背景描写などでもそれが見受けられますが影の明暗の使い方が非常に上手く製作陣の細やかな拘りが随所にありますね。
SD絵は元絵とかなりギャップがあるので慣れない人もいるでしょうがギャグシーンでは抜群のユルさを演出してくれるので個人的にプッシュしたい点の1つだったり。

■エロ ★★☆☆☆(2)

塗りが良くエロい雰囲気は出しているものの内容は可も無く不可も無く。
抜きゲーではないのでそこまで突き詰める必要は無いかもですがw
デイブ教授のHシーン集はソッチ目的で作られたのかもしれませんがどう考えてもただのギャグシーン集です本当にありがとうございました(ぇ
私としては前作時点で「あったらいいなー」程度に思っていたサブヒロインのシーンが普通に本編に絡みながらあったのが僥倖だったかなと。

■音楽 ★★★☆☆(3)

音楽面は新ボーカル曲等を除けば前作とほぼ共通なので評価もそれに倣って。
あえて改めて褒めるならBGMやボイスの音質が凄くクリアだった事ですかね?
ヘッドホンユーザーの方には概ね好評なのではと思います。

■システム ★★★★☆(4)

選択肢等は特に存在せずコンテンツを選んでいく形式です。
コンフィングをよく観察すると細かい部分まで調整できるようになっていて感心。
オートモードの利便性は抜きゲーブランドも見習うレベルかとw
あと各シナリオの現在の進行度が%で表示されるので中断した時に残りどれくらいプレイすればいいのかが目安でわかるのは親切設計。

■シナリオ ★★★★☆(4)

ここも前作程書く事があるわけではないですが、ギャグとシリアス両面でキッチリと纏めている辺りはライター陣の努力が垣間見えます。
おそらくギャグ専門で用意されたであろうショートショートシナリオはかなりスベってたように感じますがw
ブシロードネタは色んな意味でマジ過ぎてワロエナイ(ry
ヒロインアフターに関してはピンからキリまでって所でしょうか。
一応果実において1つの「結末」というものが完成されているのでこれはあくまで補足ですね。
アフターで面白かった順で言えば由美子>幸>蒔菜>天音>みちる。
幸編と蒔菜編はちょいと物騒な話も絡んできますが他は終始マターリという印象。
みちる編も楽しいは楽しいですがあまりにもみちるのバカノリが延々と続き過ぎてさすがに「もういいだろ!」とツッこみたくなるレベルでした。
そういう意味では会話の流れも良く軽くニヤッとしてEDを迎えられる由美子編はテンポ抜群だったかと。
そして今作にて最も主題となっているのは「雄二過去編」
暁の護衛の時も言った気がしますがヒロイン編の数倍の密度で推されて描かれている辺りにグリザイアシリーズがどれだけ主人公ゲーかが窺えます。
薄っすらとしか話されてなかった両親との死別の経緯や、同じく今や故人である雄二の師匠の麻子や現在の親代わりであるJBとの馴れ初めが明かされていきます。
簡単に言うとこんな感じですが詳細はとにかく壮絶の一言。
普通の人間だったら一生掛かっても経験できないような苦難と正面からぶつかってきたわけですからそりゃあそこまで完成された人格になる罠。
しかもそれらの過去の資料をうっかりヒロインズに見られたというのがミソで・・・天音や幸との繋がりも一気に皆に大っぴらになったわけですな。
というか裁断機で切って捨てられてた資料をわざわざ復元するなよww
それだけ雄二の事を深く知りたいって事でしょうね、まったくこれだからモテ男は(ry
ともあれこの過去編のシナリオを見るだけでも今作を手に取った甲斐があると確信できましたねー
麻子のキャラも面白いですし前作でも何かと母のように雄二を気に掛けていたJBことジュリアとのやり取りも最高に悶えましたよw
こういう真面目を気取りながらも子供な部分も残る面倒臭い女って大好物過ぎてもう・・・
JB可愛いよJB(*'д`*)
私がモロな年上ヒロイン褒めるなんて貴重だと自分でも思う、最後にプッシュしたのはキサラギのツンデレ先生くらいじゃないかな?
各ヒロインの掘り下げ、そして主人公の過去が明るみに出た現時点ですがきっと製作陣曰くここでやっと「転」の部分なのでしょうね。
次のグリザイアの楽園でいったいどういった完結編を持ってくるのか期待は高まるばかりです。
なんとなく全ヒロインを総合した1本道シナリオっぽい気がするのですが・・・果たしてどうなる事やら。

■総合評価 ★★★★☆(4)

84点


【言わぬが花という格言を知らんのか】

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52532727.html

言いたい事は非常に理解できます、2chじゃ日常会話ですし。
ただ自社作品を背負ってる法人が世界配信で愚痴っていい事じゃないw
こんなだからツイッターがますます馬鹿発見器と呼ばれる羽目に。
あと子供の喧嘩じゃあるまいしゆずの方も堂々としてればいいのに。

画像

↑ってな感じなら「キャーユズソフトサンカッコイイー!」になりそうですがどうでしょ?(マテ


※おまけ

http://sumikko-soft.com/harukuru.html

そして釣られて3/30という最前線から逃亡する戦士(違


【紳士雑誌についに魔の手が】

http://jin115.com/archives/51855599.html

密林で無くなっても廃刊になるわけじゃないからいいというのは楽観視し過ぎでしょう。
あそこまで大きなマーケットで売られないとなると売上の打撃がモロに来ますし・・・
というかまた量産型アグ〇スみたいなマジキチババァが何かやらかしたのか。
「一介の童貞が」という名言はクソワロタww
え?結局私はこの雑誌に興味あるのかって?
まあ至ってライトな感じですかね。

画像

せいぜい今年で購読3年目で

画像

ちょっとしたタワーができるくらいですよw
ロリタワー万歳♪ヽ(`(∀`(´∀`)´∀)´)ノ


ではでは本日はこの辺で。
週末は東京遠征してライブ楽しんできます。
生演奏でないにしてもマイエンジェル橋本みゆき嬢が見れるだけでワンチャンあります!
そういや密室に閉じ込められてにゃんにゃんする3DSのゲームが明日届きますね。
どんな仕様かは知りませんがマトモに楽しめるシロモノだといいなぁw
結局テレカ目当てにゲマズ買いですしゲーム内でもCV小倉唯ちゃんのヒロインペロペロしまくるお( ^ω^ )



【頼子さんの今日の一言】

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/51327596.html


画像
いつものメディオ節です〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
やはりジブリールを十周年にすべきだったのか(ぁ

>3/30という最前線から逃亡する戦士
暁worksとか天狐は勇敢だよねうん(笑)

>ちょっとしたタワーができるくらいですよ
ブレてないというか専門系があると楽ですよね
*私なぞはバラバラに買わないといけないし(ぁ

>そういや密室に閉じ込められて
密室バトルってやつですね生き残れるのか(ぇ
カーフ
2012/03/15 11:37
★カーフさん
>ブレてないというか専門系があると楽
正に名前通りの雑誌内容ですからねw
私が買い出した頃からずっと連載続けてる人もいますし新規で秀作描く人もどんどん増えてるのでロリ漫画界はまだまだ強いなと。
alone
2012/03/22 00:26

コメントする help

ニックネーム
本 文

簡易近況報告

TweetsWind
グリザイアの迷宮〜起承転結の転まで〜 無限の夢想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる