アクセスカウンタ

<<  2014年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


レビュー2014/10/26「恋がさくころ桜どき」

2014/10/26 23:59
深く考えずにプレイする分には面白い部類かと。>挨拶


画像



「今作は義妹オチじゃなかった事を俺が伝える事で1人のジツマイスターが救われる、俺はそういう事に幸せを感じるんだ」


alone the blood(2014 Japanese)


【恋がさくころ桜どき レビュー ※バレ注意】

■原画 ★★★★☆(4)

■Hシーン ★★★☆☆(3)

■音楽 ★★★☆☆(3)

■システム ★★★★☆(4)

■シナリオ ★★★☆☆(3)

■ルート別評価

杏 B

美桜 C

夕莉 B

こなみ A

ティナ(TRUE) C

■各種雑感

@"恋"及び"死"という2つのテーマの風呂敷の畳み段階での迷走が目立つ

今作は幼少時に事故に遭った時に死神に命を救われそれに対しての感謝と負い目から誠実な生き方をモットーとしてきた主人公の悠真がある日現れた「恋の妖精」を名乗る死神ティナに出逢った事から恋と向き合っていくのが本筋だ。
体験版プレイ時点での印象は過去記事を遡って頂ければ分かると思うが学園恋愛モノとしての王道の風を感じさせる内容で程々の期待感に包まれていた。
結論としては求めていた最低限のラインは越えてくれていたし重箱の隅を突くように詳細点さえ気にしなければ所謂キャラゲーとしては仕上りは見せていたと思う。
しかしながらキャラゲーに特化するならまだしも「死神」というファンタジー要素や個別ルートのシナリオの稚拙さに同原画家前作であるましろ色シンフォニーと比較してライターの力量差が出てしまっているように感じた。
勿論ましフォニ自体も一部のルートを考えるとお世辞にも洗練されたシナリオでは無かったし管理人としては妹ルートへの不満は未だに引き摺っている。
少なくともおるごぅる&保住圭氏の描く個別ルートの甘さは恋人関係発展後に即倦怠期に入る病の管理人をも唸らせる出来だと記憶しているが。
ではある程度細部について掘り下げていくが、攻略順番は美桜→夕莉→こなみ→杏→ティナといった流れ。
まず美桜ルートは男に触ると泣き出してしまう体質の美桜の改善に尽力していた悠真が次第にただの幼馴染だった美桜を異性として意識していき恋人になるのだが、そこで彼女がどうしてその体質になったかが明かされる。
過去に事故に遭う前にちょっとした事で美桜の手を振り切って行ってしまった悠真、美桜は自分が手を離したから悠真が事故に遭ってしまったとトラウマを持ってしまいそれが男に触れない原因に繋がった模様。
思わず「お、おう・・・」と言ってしまうレベルに説得力の無い原因だったがその後再び同じ台詞を言わざるを得ない状況が訪れる。
恋人関係が続く中で今まで誰の頼みでも聞き入れていた悠真はある時に美桜を優先する選択をする。
母親の葵に家で荷物の代金引換を頼まれていた悠真だが同日に美桜にデートに誘われたのでその用事を妹のこなみに任せたのだ、一見その程度の事でどうかしたのか?と思う事だろう。
しかしこの件で美桜がブチ切れた点は意味不明過ぎて閉口するしかなかった、確かに今までの誰にでも優しい悠真を曲げた事になるがそれは恋人ができれば優先順位が付くのは当然だろう。
何だかんだですぐ仲直りしてEDという流れなので些細なエピソードかもしれないがこういった「ちょっとした事」がこの先のルートでも積み重なり少しずつ減点箇所が増えていく結果に繋がる。
夕莉ルートは王道たる青春恋愛が描かれる爽やかな内容だったと思う。
自分に自信が無い夕莉は悠真の事を好きになるものの美桜に対する遠慮もあり中々前に踏み出せなかった、素直になれと後押しする美桜や夕莉の姉の花子の協力もあって無事恋人関係になる2人。
しかし夕莉の中になるある意味での"闇"のような部分はこの時点では解決しないレベルには根が深かった。
花子はその事に気付いていて悠真に忠告するが彼女の言う通り本当の意味での恋人とは言えないのは事実で、彼女は美桜や花子などの他の女子が悠真を好きなのであれば自分は身を引くという考えだったのだ。
煮え切らない態度の夕莉の事が分からない悠真は花子とも行動を共にする事が多くなり、夕莉の件絡みで辛辣だった彼女も次第に大人しくというかぶっちゃけるとホの字になっていくわけで。
このルートでは本当に花子が良い味を出していてむしろ彼女を攻略したくなるというサブヒロイン気になり過ぎて禿げそう病に見事に掛かってしまった。
終盤は美桜ルートでは出てこなかった死神が花子の前に姿を現し文字通りの「死の宣告」をする。
死を回避したければ悠真と夕莉を別れさせろと言われた彼女だったが死んでも言いなりになるつもりは無かった、だが結果的にふとした拍子に寂しさの感情を夕莉の前で爆発させてしまう。
その事で夕莉は悠真と別れる事を決意するが死神関連の事情を知らない彼女が何故その選択をしたのかが不可解だし、その後に何だかんだで再び復縁するのだが何故その時には再度死神が花子に死の宣告をしに来なかったのか?
死神のモノローグで花子は生きられる的なモノローグがあったが詳細説明が無い為に混乱は深まるばかりだ。
普通に余計な茶々のようなシナリオを挟まずに夕莉&花子の姉妹丼ルートでも描いた方が有意義だったのではないかと不満を並べざるを得ない。
こなみルートは兄と妹との禁断の恋愛が王道展開ながらも丁寧に描かれていてマイスターとしては好感触と評価できるだろう。
兄の悠真をあくまで兄として慕っていたこなみだがある時から自身の中にどうしようもなく兄に恋焦がれる気持ちがある事に気付く、この辺の兄を好きになってしまったという葛藤から我慢できずに告白の流れは非常に昂ぶるモノがあった。
懸念していたのは「実はかくかくしかじかで血の繋がっていない義妹でした」という最低の逃げオチだが実妹という事実が揺らぐ事無くシナリオが進んでグランドキャニオンを登り終えた時のような心情だった。
素直に楽しめばいいだろうにどうしても疑心暗鬼になってしまうのは地雷を数多く踏んだ故の性なのか。
当初はこなみからの告白を明確に拒否し兄妹としてしか見れないと言っていた悠真だがちゃっかりとヤる事をヤる内にすっかり異性として妹の虜になり正式に恋人として受け入れるのだった。
これだから兄は妹で童貞を捨てるものというのは格言だってはっきりわかんだね。
Hシーンでは連続でお漏らしシーンが続いたりと中々分かってる仕様なので妹の尿をジョッキで乾杯したい紳士にはここがオアシスですよと報告しておこう。
その後次第に周囲に隠すのも限界になり世話になっている母親の葵や保健医の奈緒に怪しまれて、ついにいざ本番って決定的場面を葵に見付かってしまう。
当然のように2人の関係に猛反対で再婚後に自分が支えてあげられなかったからこうなったと泣き出した彼女に罪悪感は覚えるものの既に悠真とこなみは将来どうなろうと恋人の関係を解くつもりは無かった。
このルートで土壇場で活躍したのは他個別では影の薄かったティナである。
仲間の死神に協力を要請し過去に亡くなった悠真とこなみの父親で葵の夫だった人物の魂と一定時間会話できるようにし、彼からの説得もあり葵の考えにも変化が見えたのだった。
結局完全に許されたわけではなくエピローグでは3年の間2人を別の場所で暮らさせる事でそれでも気持ちが変わらなかったら許すという試験を課した。
果たしてそれに如何程の意味があったのかわからないが兄妹が幸せならそれでいいのか?で納得するしかない。
欲を言うならぱれっとの母親キャラは魅力的なのでおまけでHシーンがあればよかったのにと願う次第だ。
作中で悠真達の父親の再婚相手として母親になっているとはいえ実はすぐに父親が病に伏せったので性的な経験は無いという「処女ママン」をしっかり匂わせている辺り昨今の作品らしいなと実感。
杏ルートは死神関連のエピソードをより濃く見れる構成になっていた。
実の所杏が死神と人間のハーフで普段からもう1つの人格のエレオノーラと共に死神としていくつもの人間の死の淵で魂を刈り取りその記憶を糧に永遠の時を生きる存在だった。
そんな一筋縄ではない彼女も次第に悠真に惹かれている事に気付き悠真もそれは同様で絶対的に立ち塞がる生きる時間の差という問題を抱えながらも恋人関係に。
恋の妖精としてあれだけ恋愛しろしろと煽っていたティナも同じ死神相手だという事で反対の意だったが渋々諦めるのだった。
そこまで注目していなかった杏が予想以上に可愛かったのは個人的に収穫だし、何よりひたすら高圧的な死神だと思っていたもう1つの人格のエレオノーラが非常に面白可愛いキャラだったのもポイントが高い。
加えてHシーンも1枠用意されていたのは嬉しい限り、むしろ1枠でフェラシーンだけと言わずがっつり本番シーンもあってよかったのに何故微妙にヒヨってしまったのだろう?
杏の希望もあってやってる事だし今更浮気も何も無いと思うが。
紫はともかくぱれっとで風音嬢のボイスを聴くのはもしかしたら相当久々かもしれない。
後半では杏が仕事を避けている自分とは違い死神という業を背負いつつ生き続けるエレオノーラこそが幸せになるべきだと考え心の奥底の世界に閉じ篭ってしまう。
そこで悠真が魂を分離して貰い彼女を迎えに行くという荒業にて解決する。
何か色々目の前の問題があった気がするが細かい事は気にしては負けなのだろうか。

A起承転結の"結"の重要性を再認識できるグランドエピソード

そして最後に出現するTRUEのティナルート。
完全にRewriteの篝ポジションだが正直このロリっ娘にはあまり興味が湧かなかった。
つるぺた幼女には性的興奮を覚える常識人なのでHシーンは中々見応えがあったがティナに関しては精神的に幼稚な箇所は多く見受けられるのが感情移入の妨げになった。
そもそも最初の登場時からロクに自身の素性の説明もせずに「恋をしろ」と悠真に迫り結果的に浅葉家の人間の厚意で家に居候してダラける始末。
私だったら家賃代わりとして日々の性処理をさせる事請け合いだ(最低
春の季節にティナがやってきてから月日が経ちもうすぐ夏になろうかって所でも悠真は一向に誰とも恋愛せずの状態、それに痺れを切らしたティナによる催促が借金の取立ての如く開始されたのだった。
とは言っても恋愛を他人にやれと命令されてやるわけにもいかず再び停滞しているとティナの身体に変化が訪れ始める。
元々ダラけ気味だったティナなので当初は何も感じなかったが異常な程に眠り続ける上についに悠真の目の前で身体が透けてしまう事態に陥る。
このルートでは既に知り合った事になっているエレオノーラ達死神達によるとティナは最初の仕事の時に小猫の死を見てからずっと死神としての仕事を避けていて本来得なければいけないはずの"糧"を吸収できていないとの事。
このままでは存在を維持できなくなり消えてしまう事実を知った悠真はティナに説得を試みるが聞き入れられず。
そもそもの真相として過去の事故時に悠真を死の瀬戸際から助けたのはティナの姉のリィナで、悠真の中に自らの魂を授けて消えてしまった模様。
なのでティナは悠真をあくまで「リィナの生まれ変わり」として見ており悠真自身の考えには疎かった。
幼い見た目とはいえ設定上悠真と同い年な上に仮にも死神としての責を任されたのにそれから逃げ、更に自分に献身的になってくれている悠真を代替品と扱う幼稚性が目に付いて個人的には魅力を感じるには至らなかった。
管理人が大きく広い意味での「真剣」から逃げる人間を忌み嫌う性格だからなのかもしれないが。
その後悠真はティナを異性として意識している事実をティナに伝え「自分の為に消えないでほしい」という最もたる説得力のある要求をできる立場へステップアップする。
事実を知った葵や学園でのヒロインメンバーのロリコンを見る反応はチクチクと刺さって良い感じだったかなと。
ロリコンで何が悪いんだと声を高らかにしてアグ○スババァの豪邸前で叫びたい。
やっとの思いで死神として仕事に復帰するティナは初仕事として悠真の悪友の爽に深く関わる人物の魂を狩る事になる。
入院していて死の間際だったのは爽の従妹であり恋人だった女性。
恋人として最期まで支えなければならなかった所だが爽は次第に痩せ細って死に向かっていく彼女を見ている事ができなくなり逃げ出した、その件で悠真とも険悪な喧嘩に発展するが後に自身の過ちを悔いている事を告げ無事元の友人関係に戻る事に。
あえて悠真を煽る発言をして殴り合いに進めて自分だけ拳という罰を受けるシーンは男同士のやり取りって感じが出ていて青春だったかなと。
この爽のぽっちゃり体型好きに纏わる裏設定こそが今作で一番しっくり噛み合うポイントかもしれない。
初仕事も解決してこのままティナと順風満帆かと思いきやまたもやティナが眠り続ける事態が発生、どうやらティナはせっかく死神の仕事を始めたのに狩った魂の記憶を"食べて"いなかったのだ。
当然そんな事をしていれば以前にも増して酷い状況になっていてもはや死神としての身体は手の施しようの無い末期に差し掛かっていた。
この時点で普通なら消えるしかないティナに対する泣きの場面なのだが、私の中にあったのは「なんだコイツ?」というここまで周囲が自分の身を案じてくれているのにそれでも死神としての業を背負う覚悟の決まらない優柔不断な子供に対する苛立ちだけだった。
結果最後は悠真と今まで楽しかった的な会話で抱き合ってティナは消えてしまう。
そのままEDロールが流れたので「ハッピーエンドでは無いが1つの結末として物語をこう終わらせるのは評価しよう」とレビューの準備を考えていた管理人。
ところがどっこい最後の最後でティナが特に理由も説明されず復活したのだ。
思わずマウスを投げなかった自分を褒めてやりたいレベルにこれはちょっとばかり頂けない展開と言えるのではないだろうか。
夕莉ルートの説明不充分含め細かい事は気にするなというメッセージなのかもしれないし、キャラゲーに何を求めているんだとバッシングされるかもしれないがそれなら死神諸々のファンタジー設定は不要だったし回収するつもりも無いなら最初から紛らわしい伏線を張る必要性は皆無だったように思えた。
勿論登場キャラクターの魅力は絵師の力も合わさって高い水準ではあるがこういう風にいざレビューとして筆を滑らすと出なくてもいいホコリがボロボロ出る作品になってしまったのは残念な部分だ。
妹ゲーとして割り切るなら実妹のこなみの可愛さは例えるなら暴走中のバーサーカーが気絶するレベルなので自信を持ってオススメしたい所。


【紫新作、公式サイトOPEN】

http://www.purplesoftware.jp/products/chronoclock/

呟きでも少し触れましたが紫の最新作の妹が俺得要素満載ですね!
あまりにも楽しみ過ぎて夜にビール2リットルくらいしか喉通らないですわ(マテ
そういえば話変わりますがビールで特に第3の部類に入る発泡酒増税だそうで・・・愛飲してる淡麗グリーンラベルがアウトじゃないか。
この機会に酒を辞め・・・るのは無理なので今のうちに焼酎党にクラスチェンジしときます。


【J1第29節 柏1-0G大阪】

http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2014102203

落としたくないアウェイ戦でしたが試合中に荒れに荒れて赤紙貰うわ土壇場で決勝点入れられるわで残念な内容になってしまったとしか言えない・・・これで勝ち点的にもリーグに関してはこのまま浦和が残当に優勝かな?
この先さすがに全敗とかはありえないでしょうし。
ガンバは今試合でも主力温存姿勢ですしタイトルを近くに行なわれるナビスコに絞ったのでしょうね。
この時期に余計な怪我だけは貰いたくないからしゃーないでしょ。


ではでは本日はこの辺で。
やっとこさエロゲ感想書いたって所ですがこれ6月の作品なんですがそれはw
当然古い順番に崩しているので最新作に近付くのは遅くなるわけで・・・まぁ今月は伊東ライフ先生の作品買うだけなんでそんなに積みは増えない予定ですが。
久々過ぎてそもそもの書き方というかレビューとは何だったのか?という哲学的な部分からわからなくなっている現状なのでおそらくお見苦しさ全開だと思われますがテキトーに読み流して頂ければ幸いです。

■現時点のエロゲ原作アニメ評価

Fate→面白過ぎて腰抜かすレベル

グリザイア→なるほど すごいな 悪いのは君じゃない

大図書館→まだだ、まだキャベツには到達していない

われめて→体調が悪くなるくらい作画が悪い
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


雑記2014/10/18「今期アニメチェックなど。etc」

2014/10/18 23:59
エロゲ原作アニメ頑張れ、超頑張れ。>挨拶


画像



千斗いすずちゃん激ブヒシコリアントパーク!!!


【10月期アニメ暫定チェックリスト】

継続クール

■アカメが斬る!

エロゲ界隈では有名なタカヒロ氏原作という事で前期から視聴を開始しましたが中々に好評を受けてますね。
管理人としては推しの天ちゃんがキャストにいる時点で回避不可なのは確定的に明らかなのですがw
原作にも目を通しましたがよくある少年ジャンプのソレとは違い戦いの最中で敵だけではなく味方キャラも問答無用で死亡していく非情の展開は評価したい所。
帝国側もナイトレイド側も互いに帝具を所持して戦うので「帝具使いが衝突した場合必ずどちらかが死ぬ」が適用されます。
ここでは誰とは明確には挙げませんが個人的に気に入ってるキャラが今後えげつない最期を迎える事になるのを知ってるだけに気が重い・・・w

■ソードアート・オンラインII

ファントムバレット編はシノン人気で流行るかと思いきやよく考えたらそこまで濃い内容では無かったなと思い返した所案の定予想よりは鳴かず飛ばずだった印象。
個人的にもシノンのキャラは好きだけどリアルの方は眼鏡っ娘なのでダウト、どちらかと言えばネカマを演じるキリト君の方がツボだったw
松岡君はホントに日々演技に磨きが掛かっていて本人の真面目さが窺えますね。
ニコ動で見てたらデス・ガンの登場の度に「アスナ登場」とか書かれててある意味で愛されてる本妻だなと実感w

新規

■ガールフレンド(仮)


ク"ロ"エ"ち"ゃ"ん"か"わ"い"い"ん"じゃ"ぁ"ぁ"あ"あ"あ"!!!


とりあえず丹下桜好き過ぎる病気の人のノルマだけこなした所で本題の感想ですが、正直アニメとしての完成度は相当低いとしか言えないでしょう。
1話なんて完全に登場ガールの紹介動画と化してますしw
内容も心美がクロエの落し物拾ってウロウロして放課後無事に遭遇できてタコサンWinナー、タマゴヤキ、ホッペにキッスで終了。
まぁクロエちゃん可愛かったら他どうでもいいんですけどね(確信
コメント付サイト等で見るとエレナの声に違和感とか何で男子生徒いるんだとかディスってる輩いますがエレナ演じるダチャーンの声はゲームでもあんなんだしデレマスのとときんだってアレで人気No.1取った歴史あるやろ!
あと男子生徒は「ガールフレンド」って題名なんだし共学で存在するに決まってるだろ、これだから男排除厨は。
ちゃんとした共学なだけ健全でいいじゃないですか、ゲーム版なんて100名ちょっとのガールに対して300万人近い男子生徒(おまいら)がいるというw
その上悪○○男などのキモオヤジが校内に不法侵入してくるから日々人気ガールの心を引く為に凄まじい数の男子生徒でオヤジ狩りをするのが日常。
正直その光景アニメ化だったら円盤買うまであったw

■大図書館の羊飼い

今期のエロゲアニメ枠。
キャベツ臭こそしないものの冒頭のほとんど動かないOPに早くも暗黒臭の片鱗を感じました。
作画も一番最初に紹介された時のに比べればマシではありますが雑な部分が多く1話で既に不安が漂ってきます・・・個人的には主人公の筧君のキャラが好きだったので原作との表現の違いに違和感がありましたね。
あんなギャグっぽく慌てふためくキャラじゃなかったんだけどなー、アニメで顔が見えるし分かり易い味付けを足したんだろうというのは理解できるのですが。

■デンキ街の本屋さん

エロ本大好きっ子の為のエロ本屋さんアニメ。
ふとしたキッカケでニコ生見てたらデレマス声優の高森奈津美&津田美波嬢がエロ本エロ本と連呼しながら番組紹介してたのでこれは見なきゃと釣られてしまったというオチw
内容はまんまうまのほねという名の虎○穴で働く店員達のコメディですね、ひたすらギャグなのかと思いきや恋愛面の描写も結構しっかりしてるので色々と楽しめる要素多そうな作品かと。

■SHIROBAKO

PAワークス枠。
前期のグラスリップがあまりにアレだったのでPAワークスに対する不信感が募っていたのですが今作は独自の切り口ながら明確な面白さがある当たり作ですね。
アニメ製作側の話をアニメで描くというのは実に斬新、しかしこんな美少女だらけの現場があるか!
とりあえず絵麻ちゃんがマイフェイバリットブヒ候補、そしてEDテロップ見たら見事にデレマス声優の佳村はるか(通称るるきゃん)がCVで既に釣り糸があってワロタw

■ガンダム Gのレコンギスタ

話題の富野由悠季監修によるガンダム新シリーズ。
1話時点で早速何も前情報無くても「富野作品」だと分かるキャラの独自の言い回しや演出にはニヤリw
富野氏は昔からアニメ製作側ながら「大人はアニメなんて見るな」とか「最近のアニメは糞」などと言ってますが自分の作品マンセーしてるわけでもないし個人的にクリエイターはこじらすとああなるんだろうなぁって風に見てます。
もう70も越える高齢ですし小言ぶっぱで元気になるならいいんじゃないですかねw
彼の監督作品らしく細かい設定や世界観もぼかされているしステレオタイプの萌えヒロインもいないので人によっては敷居が高いかもですね。
ノレドもマニィも悪くないと思いますけど、富野語録で例えるなら○○○○舐めたくなるキャラに仕上げてきてるでしょうし(ry

■旦那が何を言っているかわからない件

5分アニメ枠兼壁殴りアニメ。
普通のOLな嫁とオタクな旦那の日常ストーリーが中心ですが、カオルがぶっきらぼうながらも普通に良い嫁過ぎてナチュラルイチャコラに壁がいくつあっても足りないよとw
こういうキャラもしっかりこなせるゆかりんはやはり凄いと思う次第で。

■甘城ブリリアントパーク

期待の京都アニメーション枠。
原作はフルメタルパニックの賀東氏なので原作も読もう読もうと思ってたのですが、いつのまにやらアニメが始まってしまったの巻。
とりあえず主人公もヒロインも周囲の有象無象もキャラが濃くて面白い!
モッフルが完全にふもっふに出てきたボン太君で草不回避w
ミリマス声優の藤井ゆきよさん担当のラティファを推したい所ですが個人的にいすずちゃんでシコれ過ぎてそれどころじゃないという罠。
いすずちゃんの中の人もウィクロスやら精霊使いの剣舞やらで出てますし絶賛人気を集めてますねー
賀東氏らしいなと感じたのはキャラの掛け合いのテンポの良さですかね、フルメタ本編はシリアスですがふもっふは当時笑い転げてましたw

■selector spread WIXOSS 

思わずTCGを始めたくなるような絶望と暗黒のカードアニメ、それがウィクロス☆
1期終盤でどうにか友達の為に道を開こうとしたるう子でしたが何の意味も無かったという結末からの続きで今回も安定のドンヨリ具合です。
元気だったるう子にかつての笑顔は無くルリグが絡めばバトルしろバトルしろの精神攻撃、しかしCMでは万遍の笑みで「ウィクロス始めようよ!」と販促してて飲んでた茶をブチ撒けましたw
いやー今期でさぞハッピーな完結を見せてくれる事でしょうし楽しみですねー(棒

■失われた未来を求めて

エロゲアニメ枠その2。
あの・・・頼むから大図書館と暗黒度で競い合うのやめて貰えませんかね?
こちらはこちらでまず作画とか作画とか作画が何やら異様なくらいおかしいですし2話のOPの動きの全く無い安物MADぶりは椅子から転げ落ちましたw
佳織の中の人の有栖川(ry・・・もとい高田初美さんの声好きなんで視聴続けたいですが早くも体調が悪くなってきたので先が思いやられます。
勿論原作はプレイしてますがあちらはあちらで深崎暮人氏の描くヒロインが激シコだったのは評価高いもののシナリオは凡作レベルですからね。
むしろ何故アニメ化したのかと今更な事を言ってしまうレベルかもしれない。

■七つの大罪

普段は見ないキッズの時間帯である夕方アニメ。
しかし推しの天ちゃんがメインヒロイン担当してるので見る事を強いられているんだ!
内容は聖騎士の勝手な理想により荒廃した国を追われてきた姫のエリザベスが山の上の酒場の店主の主人公と出会い追っ手から助けられるが、実はその店主がエリザベスがずっと探していた国と大きな一戦を交えた反乱組織で指名手配の七つの大罪リーダーメリオダスだったというオチ。
非常に分かり易い王道展開なので頭空っぽにして楽しめるしエリザベスが無駄に性的可愛いので視聴継続確定。
下ネタ包み隠そうともしないので夕方アニメだという事を忘れそうになるw
コードギアスやダブルオーも夕方だったしモロじゃなければわりとその辺寛容なのかも。

■グリザイアの果実

エロゲアニメ枠その3。


大丈夫。エイトビットのエロゲ原作アニメだよ。


あの覇権(?)アニメで有名なワルキューレロマンツェのエイトビットなので期待はしてましたがマジで完成度が高くて驚きでしたw
1話ラストで全ヒロインの確信に迫る描写が一瞬だけ出た時は思わず「うおおおお!!」と叫んでしまいましたがよく考えたら1クールじゃ果実編だけにしてもマトモに描けるかどうか・・・普通に今回も途中で気にならせる終わり方して原作の果実、迷宮、楽園を販促するアニメになるのかな?
それでエロゲが少しでも売れてくれるならエロゲーマーとしては嬉しい事ですけど。
ちなみに雄二君最強じゃね?みたいに思ってる視聴者多いかもですがその認識で間違ってないかと。
今期のお兄様枠ですw

■Fate/stay night -UBW- 1st


全ての覇権アニメよ!道を開けよ!


Zeroの時もそうでしたがufotableのスタッフが過労で死なないか心配な作画完成度でやばいです。
0話のアーチャーVSランサーも相当でしたが1話のセイバーVSランサーの動きも気合入り過ぎててワロタw
原作及びコンシューマ版も全てプレイ済の思い入れ作品なので補正掛かってる部分も大きいですが今作と今期の他アニメ特に同じエロゲ原作アニメを比べるのは酷と言うものでしょう。
1stシーズンと明記があるようにZeroと同じく分割2クールという形になるんですかね、ともあれ公開が決定している劇場版桜ルート共々楽しみな限り。
0話と1話もそうでしたがこれもしかしてずっと1時間アニメで続けるのかな?
MX以外の全ての地上波で放送していないのでおかしいと思いましたがもしそうなら尺の都合もあるのかも。
DEEN版は糞って程では無いにしても消化不良だったし劇場版UBWは・・・劇場でキレそうになりましたw


まだチェックしてないのもありますしかなり絞ったので通常より数は少ないですがこんな感じで見てます。
毎回アニメ記事書く度にエロゲやれてない事実に絶望orz


【電撃姫、今年いっぱいで休刊】

http://anrism.blog.fc2.com/blog-entry-1712.html

また1つ歴史あるエロゲ雑誌がお亡くなりに・・・このご時世だし仕方無いのでしょうけど。
私も昔は買ってましたがネットで事足りるようになりましたし付録に魅力あるメガストアはともかく様々な雑誌媒体は店頭で見て頭の中で税率足してやめようってなります。
確実に増税って経済効果衰退させてると思うんですが・・・いや実際既に衰退してるのか。


【シュタゲ、IBM公式とコラボ】

http://www.mugendai-web.jp/steinsgate/

ミニアニメまで作ってて凄いなとw
シュタゲファンとして今後公開されるエピソードにも注目ですねー
そういや劇場版円盤買ったのにまだ見れてないな・・・劇場では久々にボロ泣きしたので相当寝かせてから見ようと思ってたのですがかなり寝かせたし空いた時間にそろそろ見ましょうかね。
空いた時間・・・うっ、頭が(ry


【J1第28節 G大阪1-0川崎】

http://soccer.yahoo.co.jp/jleague/game/score/2014101804

何度も顔を合わせている宿敵川崎を制し順調に勝ち点積んでますね。
このまま浦和と鳥栖が負け続けてガンバが勝てばリーグも狙えますがあまり贅沢は言わないでおこうw
実際ナビスコも決勝で広島とやり合うし天皇杯も次の清水戦に勝てば決勝が見えてきます、そんな三冠の可能性を持つクラブが我らがガンバ大阪!
苦しんでいる時期をずっと見てきただけに応援しているクラブが徐々にでも復活していってくれるのはテンション上がりますね。
海外の推しであるチェルシーもモウリーニョ2年目だしコスタの故障とか無い限り安定してタイトル狙いにいけるのではと思っていますがどう展開していくやら。


ではでは本日はこの辺で。
更新超絶停滞してて申し訳無い限りです、当然色々積みにも追われているのはお約束って事でw
今週末にイベ行ったらしばらくは何も無いので仕事を落ち着けて一気に消化したい所。
まず帰ってきてから死体のように床で爆睡してしまう無気力症候群をどうにかしないと・・・普通そんな劣悪な環境で寝れないはずなんですけど無意識に疲れてるのかな?
身体が資本ですしなるべく健康な生活をしたいですがままならない社会人・゜・(ノД`)・゜・
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


雑記2014/10/4「fripsideワンマンツアー大阪公演レポ。etc」

2014/10/04 23:59
ジョルノ加入後のfripside現場は初参加!>挨拶


画像



satさんが途中混ざって歌い出した時はテンション上がった!


【10/4 fripSide LIVE TOUR 2014 -infinite synthesis 2-】

ふとしたキッカケで数ヶ月前に「そういえば今のfripsideのライブって結局1回も行ってないな」と思いノリで新しく始動したFC会員に入会、そして関東の知人もライブ参加に積極的という事で大阪&東京のチケを予約しました。
結果両方共に単番で撃った甲斐もあり当選したのですがFC会員にも関わらずオルスタエリア1100番以降という今まで経験した事も無いような糞番・・・キャパ1500なんでどう考えても最後方だし何も見えないだろうからこの時点で結構モチベ下がってたり。
どうやら後から調べてみると会場はほぼFC会員のみで満員御礼状態みたいでスリーナイン先行やe+先行の枠などハナから無かった模様、そりゃ落選報告しか見ないわけだ。
舞浜公演は色々遠征出費が厳しかったり仕事の事があったりしてパスする事になったのでたまたま欲しいとお声掛け下さった方がいたので予め現地合流する事にして渡しました、懐厳しかったのでありがたい申し出だったなと。
しばらくは関西の知人と一緒に物販でガチャ漁ったりしながらブラブラして時間を潰す、4回引いたはずが途中で変な迷惑電話に気を取られたせいで何故か手元に3つしか無いというハプニングで500円をドブに捨て凹むも気を取り直して中に入って開演を待つ事に。
さすがに糞番だけあって後ろ過ぎてステージ遠過ぎワロタといった印象、ちょうど私が陣取りした左の手すり側に日本橋のエロゲー系トークイベントやクラブイベント常連の見た事ある顔がいて吹きましたw
いつもリーダーっぽい人が赤いTシャツ着てるんで赤T軍団って勝手に呼んでますが有名な某青T軍団とは全く無関係の人達なので悪しからず。
そしてライブ前独特のwktk感で待とうと思っていたのですが残念な事に所謂厄介勢というゴミが後方の方で開演前から妙な奇声を挙げていました。
「イエローだよおお!!!」とか「心ぴょんぴょん!!」とか聴こえてきたので俗に言う何処の現場でも騒げればいいだけのDDってやつですね、勿論DD全部が悪いわけではなくて普通にマナーを守って色んな現場に足を運んでいる人もいます。
しかしながら今回遭遇したのは完全に周囲の客の顔に青筋立てるくらい不快にさせるクズでしたね、思わず私も独り言で「チッ、うるせぇなぁ・・・あのイカれた猿共つまみ出せよ」とボヤいてしまいやべぇ周囲人いるのに汚い言葉使っちゃったなーとすぐ後悔したのですが横の人も「ですよねー、死ねばいいのに」と禿げ上がる程同意というw
開演前ならまだしも開演後も的外れなコールするしあれだけアナウンスで禁止って言われてたMIXやらオタ芸を開演すぐにかまし出したので堪忍袋も限界ってもんですわ。
どうやらその付近の人のツイート見る限りスタッフに何回か注意されたらしいけど結局ちょっと大人しくなったものの最後まで厄介には変わりなかったみたいで、私はまだ距離があったので良かったですが真横だった人はご愁傷様としか・・・というか管理人ああいう害悪な存在に対しては場合によっては拳が飛んでるので横じゃなくてホント良かったと胸を撫で下ろしました(私も大概にガラが悪い)
ほとんどの参加者は統一されたコールで気持ち良く盛り上がっているのにああいう一部な自分勝手な人間のせいで不快な思いをする参加者が出てしまうのは非常に残念な事だと思います。
厄介の存在を許してはダメ、ゼッタイ!クリーンな現場作りを!
では以下でセトリを。

01.fermata〜Akkord:fortissimo〜
02.pico scope-SACLA-
03.scorching heart
04.waiting for the moment
05.I'm believing you
06.Secret of my heart
07.only my railgun
08.lost dimension
09.rain of tears

バンドソロ

10.black bullet
11.eternal reality
12.always be with you
13.endless memory〜refrain as Da Capo〜
14.whitebird
15.fortissimo-from insanity affection-
16.Hestination Snow
17.trusty snow
18.infinite synthesis
19.true resonance

EN
20.way to answer
21.LEVEL5-judgelight-
22.Sister's noise

後ろなんで見えないかと思いきやオルスタエリアが若干スロープになっているおかげか私の位置でもジョルノのほぼ全身を見る事ができましたね。
前に超絶長身の人いなかったですし元の身長175cmからバッシュの厚底で更に数cm背が伸びてる私に隙は無かった!
開幕からいきなりフォルティッシモキター!と盛り上がってたのですがどうやらfripside常連勢の中ではフォルティッシモ楽曲はPCゲーム系ながらも聴き飽きた部類に入るらしい、そんな定番で歌ってるんですなー
参加しといた身でこんな事を言うのも凄い恐縮なんですが私は今でもnao時代のfripsideをこよなく愛している人種なのでウォークマンのヘビロテでもnao時代を流す事が多かったりします。
ただ南條愛乃加入後も何だかんだで楽曲集めてしまうくらい好きなので新旧両方fripsideとしての良さがあっていいじゃないって感じかも、なので2人が夢の共演を果たしたDecadeは感動でしたね。
印象としてはやはり定番中の定番として超電磁砲関連は根付いているんだろうなと思っていましたがその辺は当たってましたね、やはり知名度が高いのかノっている人の数も桁違いでしたし。
ただツイッターでセトリに関しての不満も多い面を見ると結構多くの人は超電磁砲楽曲は橋本みゆきで言う所の微熱SOS、KOTOKOで言う所のRe-Sublimityばりに倦怠期に入ってるのでしょう。
ただアーティスト側も「定番は押さえておかないとアカンでしょ」という意識があるでしょうしマイナー曲もやってほしいという意見も行き過ぎると我儘になるんだろうなと。
個人的には2年前のライブの時に歌ってたという情報を聴いてずっと生で聴きたかったはつゆきさくらのOPのHestination Snowを聴けたのは感涙レベルに嬉しかった!
ずっと白いリウム掲げながらヘドバンしてたんで終わった後にしばらく頭クラクラしてましたw
endless memoryもダ・カーポ好きとしてはグッと来ましたね、リウムの色も一気に桜をイメージしたピンクに染まるのが綺麗でした。
アンコールで何かぶっ込んで来るかな?と淡い期待を寄せていましたが見事にレールガンぶっぱされて肩透かしでしたが盛り上がる曲には違いないので跳べて楽しかったです。
終演後は余韻に浸りながらハイネケンをグイっと一気飲み、しかしハイネケン程度ではアルコールが全然回らなかった!帰って飲み直しは安定。
どうせ来ないだろうと確信してはいたものの聴きたかった曲は

https://www.youtube.com/watch?v=Hc0a_2zCTzU

https://www.youtube.com/watch?v=Pjx2x_6bzKs

https://www.youtube.com/watch?v=iXmoRn8kPGE

https://www.youtube.com/watch?v=1HqA9luiHmA

https://www.youtube.com/watch?v=KVemfuYKW64

とかですかね、glow in the darknessは緑茶の最新作の主題歌なのでまぁ来るわけないわなって思ってましたが久々にドストライクな曲なので最近はリピートしてます。
優先順位で一番聴きたいって言ったら

https://www.youtube.com/watch?v=d5MesSkp6IY

これですけどサードインパクトが起きても歌わないでしょw


【あかべぇそふとつぅ 有葉×るーすぼーい新作発表】

http://anrism.blog.fc2.com/blog-entry-1685.html

あれ?太陽の何ちゃらは・・・おっと触れてはいけない案件でしたね(ぇ
かつて車輪の国やG線上で実績残した事には違いないですが今のこのブランドに絶対の信頼を置けるユーザーなんてどれくらい残っているんでしょうね?
ネット関係の知り合いでもFC会員抜けた人大勢見ますし本家分家含めてここまで色々やらかしてしまうと回復はね・・・銃騎士の件の顛末も掘り返さなきゃ隠せただろうに自分から墓穴掘ってますし。
事の真相に関しては憶測も多いのであまり一方的にディスるのも良くないかもですが実際問題「そういうブランド」としての"民意"が固まってしまっているのは事実。
業界をプラスのイメージでどんどん盛り上げていってくれるなら応援したい所ではありますが悩ましい問題ですな。


【魔導物語が復刻!】

http://www.4gamer.net/games/008/G000896/20141003046/


何これ、超欲しいんですけど(確信


ぷよぷよも勿論好きですが世代的にその前身となった魔導物語も当時ハマり込んだのでまたやってみたかったんですよねー
リメイク?したようなのがちょっと前に出てた気がしますがコレジャナイとの感想多数だそうで。
やはりこの質素な雰囲気で見るアルルがいいんですよ、アルルはホントにめっちゃシコれっからな!
何回薄い本のお世話に(以下自主規制


ではでは本日はこの辺で。
ゲームをやれてないからライブレポでお茶を濁すしかないわけでは決して無いですしおすし(ry
ただライブ現場でPCゲーム楽曲聴くと無性にプレイしたくなるのは確か、仕事がおそらくもうすぐ落ち着いてくるし一気に崩していくかな・・・睡眠時間は犠牲になったのだってなりそうですがw
10月期新アニメも色々バラエティーに富んでて楽しみですね。
まだ前期の積みが若干あったりしますが順次視聴していきたい所。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4


<<  2014年10月のブログ記事  >> 

トップへ

簡易近況報告

TweetsWind
無限の夢想 2014年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる