アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Eroge The Apocalypse
ブログ紹介
管理人 alone(アローン)

プレイした美少女ゲームについての感想など。不定期更新

※アダルトゲームの記事を主に取扱うので18歳未満回覧非推奨


■mixi■
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=20480106

■Twitter■
https://twitter.com/alone0316
zoom RSS

小田急の追跡者

2019/01/01 21:09
今回は初春の笑い話として管理人が東京都稲城市と神奈川県川崎市多摩区の間にあるド辺境の遊園地よみうりランドでのアイマスリリイベを終えて帰宅する時に遭遇した恐怖体験について書き記す。


行きは京王よみうりランド駅で降りてゴンドラもバスも使わず遊歩道から鬼のような階段を上っていき、色々迷った挙句1時間近くかけてよみうりランド内の日テレらんらんホールに到着した。
その日は始発で冬コミに参加していたのに加え、23区よりも更に寒い中の移動+待ち時間で体力は消耗していたもののイベント自体はほぼ最前近くで堪能できて非常に楽しいものだった。
イルミネーションで輝く遊園地とリア充を横目に帰路についたわけだが、当然早朝からのフル稼働で疲れがピークだったのでもう1度あの階段を暗くて視界の悪い中下りる気力は無くちょうど正面ゲートからバス停が見えたので小田急の駅へ向かうバスに乗車。
どの道新宿を経由するので京王でも小田急でも変わらんだろうと判断したわけだが・・・


この選択がとんでもないバタフライ効果を引き起こす


行きと同じ京王線で帰っていればこの後の悲劇は起きなかったかもしれないと思うと後悔の念しか無いが、一度引いたトリガーを元に戻す事はできないのだ。

1本逃せばしばらく来ないレベルのダイヤの小田急読売ランド前駅のホームで電車を待っていた時に事件は起きる。
急に先程まで同じイベに参加してたであろうアイマスPらしきオタクに声を掛けられた。

画像


知らないオタク「ライブですか?」

alone「はい?ああ、ミリオンの・・・そうです」

知らないオタク「どちらに向かうんで?」

alone「いや新宿ですけど・・・(ここから向かうのなんて新宿しかねぇだろ)」

知らないオタク「ほーん、飯とかどうするか決めてます?ワシは新宿で飯するんですが飯来ますか?来ますよね?」

alone「(ワシって1人称何なんだ)いや、今日は帰るんで」

知らないオタク「ワシは小田急の新宿から1時間半以上ある所なんで今夜はカラオケに泊まるんで、まー普段は何をしてるかと言いますとITと申し上げますかWEB系のですね、あー言ってもわからないですよねデュフフ、それとですねうんたらかんたら(ry」

知らないオタク、ここで飯の件断った事が無かったかのように突然自分語りを始める

間違いなくこれはサイコパス的なサムシングだと感じたので「では、この辺で!お疲れ様です!」と話題を切り上げてその場を去ろうとする。
すると

知らないオタク「あー、シアターブーストの投票はどうしました?入れました?」

alone「・・・・」

まさかの食い下がりを見せてきた!
そんなこんなで新宿行きの電車が到着、それに逃げるように乗り込むと当然のようにそのオタクが付いてきた、もうこの時点で恐怖感しかなく自分が女だったら110番してもいいと思う。
以下このオタクの表記を知らないオタク→追跡者と変更する。

追跡者「えー今回の選挙はですね、各勢力の一斉投票などもありつつ展開が読めない所ではありますがワシなりの見解がですね、まず○○のグループでは○○と○○が接戦ですがこれは浮動票の事も考慮するとうんたらかんたら(ry」

車内まで付き纏ってきて早々始まったのはミリシタのシアターブースト(アイドルの役決め選挙)に対する独自の持論を語る悪夢のトークショーだった、先に言っておくがこれがこの後新宿に着くまで30分延々と続く。

こちらが迷惑がっている雰囲気や遠回しとはいえ明らかに言葉や行動でこれ以上のコミュを取ってこないでくれと意思表示しているにも関わらずまるで通じず、ひたすら自分語りをぶつける欲望を満たす為だけにどこまでも追い掛けてくるこの追跡者にどう対処すればいいか悩んでいた所途中の駅で通過待ちが発生。

追跡者「ここはですね、ワシくらい小田急が詳しいとわかるんですがね、2分は通過待ちをするんで・・・あー飯行きます?新宿で飯行きます?行きますよね?」

alone「いや、ホテルのチェックイン的なやつがね(大嘘だけどごまかす)」

追跡者「で、それ何時なんですか?何時?」

alone「(#^ω^) (んな事どうでもいいだろ!つーか飯行かねぇってさっき言っただろ○すぞ)」

ここで隣のホームに新宿行きの快速が到着し、そちらの方が早く行けるしこの追跡者ともオサラバできるかもと思い

alone「あー、新宿に急ぐんで快速乗ります。では、お疲れ様でした!」


aloneはぜんりょくでにげだした!


画像


追跡者「まーワシも新宿急ぐんですけどねデュフフ」


しかしまわりこまれてしまった!

その後快速に乗り換えても車内でのミリシタ持論トークショーの第2部が無事開催されいよいよ管理人の精神は絶望に染まっていく。
詳細は省略しているが、これらの会話でこちらサイドはまともに返事をしていない。
ずっとグリザイアの雄二ばりの適当な相槌で「へー」「ふーん」「そうすね」と何処からどう見てもコミュを放棄しているし態度もあえてクッソ感じ悪くしたので通常の人間ならこれ以上話し掛けようなど1ミリも思わないだろう。

前提として言っておくが管理人は別に会話嫌いというわけではない、むしろアイマス現場では隣の席になったオタクと名刺交換がてら軽く会話する事も多いし実際その日も開演前と後に右隣の人に話し掛けられて談笑していた。
そう、「会話」は嫌いではない。
本来はキャッチボールであるべきそれは双方互いに気を遣いながら成立するもので、ましてや会ったばかりの初対面の人間相手となればパーソナルスペース問題には細心の注意を払わなければならない。
ただこの追跡者がこちらにぶつけてきているのは棘の付いたデッドボールでただただ一方的なものである。
その上飯がどうだのホテルは何処だの根掘り葉掘り訊いた挙句、逃げるようにコミュを拒否してもどこまででも追い掛けてパーソナルスペースの中まで侵食を繰り出す・・・恐ろしい魔物だ。

ここまで読んでいてこう思った方も多いのではないだろうか。
追跡者に対する対応が甘いと。
実際管理人は可能な限り事を荒立てたくない主義なので穏便に済ませられるならそれに越した事は無いと考えてしまう。
しかし遠回しに意思表示しても伝わらない相手にこの方針は間違っているのかもしれない。
選択肢としてあったのは

@脱兎の如く逃げ出し別の車両に逃げる

一瞬考えたが相手は追跡者だし電車の車両は繋がってるし施錠もできない、もし追ってきたら更に面倒な事になる。
実に危険だ。


A新宿より前の駅で止まった時にドアが閉まる寸前に降りて逃げる

ややリスキーだがアリではある。しかし小田急線快速はほぼ新宿への直通みたいなもので、その日はもう夜も遅かったからそこで途中下車したら次の電車がいつになるかわからない。
もし追い付かれた場合も危険だ。


B話し掛けんじゃねぇ!クソが!とキレる

冷静な対応で言ってもわからない頭のおかしいガイジにはもうこれしかないのかもしれない。
ただ他の乗客もいる中だし、これだけ相手の事を1ミリも考えないでオナニートークショーを始める人間だ、もし逆ギレされたら何をされるかわかったものじゃない・・・危険だ。

などと迷いながら胃がキリキリする思いで追跡者のトークショーを聞いてるとやっと新宿に到着。
ドアが開く最後の最後までマシンガンのようにミリシタ選挙分析してて何が彼をそうさせるのか?
一番ツボだったのは

追跡者「然り、ワシが思うにユニットシングルの○枚目のアイドルの○○と○○と、おや?あと誰でしたかな?」

alone「さあ」←珍しくまともな返事

追跡者「ま、こういう時はですね、知らないと思いますがこれの中に全部入ってましてねええデュフフ」

追跡者、得意気にスマホを取り出してGoogle検索を始める


そりゃググればわかるだろうよ


やばい、何もかもがやば過ぎる。
しかしそんな地獄なような時間も新宿に着いた今解放される。
最後までこんなキチガイに紳士的な態度でいれたしやりきってやろうと思い挨拶を投げる

alone「んじゃ、帰りますんでお疲れ様でした!」

追跡者「ホテルは秋葉原でしたっけ?んー秋葉原ですかそうですか」

alone「は?」←秋葉原に泊まってるなんて一言も言ってないし実際は東日本橋

追跡者「で、飯行きますか。行きますよね?」

画像




行かねぇっつってんだろ!!!ぶっ殺すぞクソ野郎!!!!




もうそこからは一目散に走って階段を降りて地下鉄に乗り換えて奴を撒く事に成功したわけだが、最後の最後までこっちに手を伸ばしてきて追ってきそうな感じだったんで緊張感と恐怖感で汗びっしょり。
世の中には変なオタクは大勢いると話には聞くがまさか遠路遥々東京の端まで行って遭遇するとは思わなかった・・・皆さんも特に1人で現場参加する時はお気を付けを。
今回は新宿にあの1本の小田急という路線で行くしかないという状況があり不運が重なった部分があるけど、普段の勝手知ったる地元大阪なら適当な駅で降りて逃げる等々手段も取れたなーと考察。
いざって時の防衛マニュアルを自分の中で作っておくのは大事と感じた年末年始の今日この頃。
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2


続きを見る

トップへ

月別リンク

Eroge The Apocalypse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる