アクセスカウンタ

プロフィール

ブログ名
Eroge The Apocalypse
ブログ紹介
管理人 alone(アローン)

プレイした美少女ゲームについての感想など。不定期更新

※アダルトゲームの記事を主に取扱うので18歳未満回覧非推奨


■mixi■
http://mixi.jp/show_profile.pl?id=20480106

■Twitter■
https://twitter.com/alone0316
zoom RSS

金色ラブリッチェ 感想

2018/09/11 00:00
画像


http://sagaplanets.product.co.jp/works/kinkoi/

メインヒロイン4人、サブヒロイン2人、TRUEヒロイン1人、全5ルート

目安プレイ時間 27時間

※以下本編ネタバレ

【共通】

画像


画像


前作のフロフロに引き続き舞台は上級階級の金持ちが通う学園、しかしファンタジー的な雰囲気はまた消えて全体的には「現実とシビアに向き合っていく」作品になっている。
共通部分で例を挙げるなら序盤で庶民である主人公がお姫様ヒロインのシルヴィアに関係した騒動があって学園に編入する事になるのだが、所謂金持ちの生徒達による明確な差別やイジメの描写が差し込まれる。
実際ありがちな話ではあるがその状況を打開していく過程も編入前の学園で受けたイジメを教訓にした立ち回りや、玲奈のように庶民寄りながら上手く溶け込んでいる人間を取っ掛かりにして周囲との関係を改善していく話がじれったい部分もあれど共感できる点が多かった。

テキスト絡みで好き嫌い分かれるかどうかは体験版部分をプレイすればおおよそ判断できると思うが、前作同様ライター独自の癖はあるかもしれない。
特に気になったのは照れた表現の時に「///」といった感じに出たりしてきっとネットSSが好きなんだろう。
前々作では普通に顔文字が出たりして正直アレだったがそのレベルが無いだけ全然マシと言える。
あとはヒロインや主人公の相槌が「○○だよな」に対して「か」と返す感じだったりちょっとスカした言い回しは否めない。

全体的に現実路線と言って問題無いが所謂エロゲのメタ的な部分においてファンタジーとも言える要素も見受けられる。
発売前にも少し話題になったがヒロインの理亜は不良キャラで喫煙者でもある、昨今タバコが親の仇のように嫌悪される時代でこれは珍しいというかむしろ斬新(実際喫煙者というだけで理亜をボロカスな感じに書いてるのを某レビューまとめサイトで見たが)
とはいえ設定上は勿論18歳以上だし18歳や19歳で吸ったら駄目だがもしかしたら20歳か21歳かもしれない、「18歳以上」と付けるだけでそれだけ大きな誤魔化しが可能になるのがエロゲだ。
飲酒に対しても「学生だから」という理由で主人公やヒロインは遠慮するが決して「未成年だから」とは言わないしシナリオ上でも理亜と余裕でタバコ屋に一緒に行くしエルに吸ってる所を見られても「火事にならないように気をつけろ」とか「身体に悪いから程々に」といったやり取りを学生服を着ながら会話しているのは甚だシュールではある。

ルート構成はお馴染みのロック式で理亜はヒロイン4人クリア後にTRUEで解放する。
一応シルヴィアを最後に回した方がいいのは確実としてその他はお好みの順番で。
あえて個人的なオススメを言うなら玲奈→茜→エル→シルヴィア→理亜。

【玲奈】

画像


庶民の主人公とも気楽に付き合えるし空気の読める都合の良い女でありビッチ枠。
このルートでは玲奈自身に対する掘り下げより主人公の以前の学園で所属していた野球部絡みの話がメイン。
才能ある選手だった主人公は外圧で潰されてしまった過去がありトラウマになっているが包容力の高い玲奈に惹かれていく。
悪友のようなポジションから徐々に恋愛関係になっていく展開は甘酸っぱさ全開だが、本ルートで忘れてはいけない最強サブヒロインが当初庶民という理由だけで主人公に嫌がらせをしたいた絢華。
ひょんな事から絢華が主人公の部屋に媚薬の効果があるガスを誤って撒き散らしてしまい

画像


何故か玲奈を交えた3Pをおっぱじめる事になる。
わりとシナリオゲーと言っていい今作でいきなり攻略中のヒロイン以外のサブヒロインを交えて行為が始まるのは凄まじく面白かった、玲奈もこの流れで処女を捨てる事になりしっかり中出しもキメるので妊娠したかどうかとかアフターピルがどうみたいな話がこの後続く。
何より絢華がまさかのアナル・ド・レイ枠だったのは最大のオプション要素ではないだろうか。
並々ならぬアナルで感じまくる性癖を持っていて3P中に早速アナルセックスをする。
あとドサクサに紛れてうやむやになっているが主人公のファーストキスも玲奈ではなく絢華である。

【茜】

画像


共通時点で主人公にホの字になった正統派後輩キャラ、準サブヒロイン枠。
ひたすら王道の後輩キャラとのイチャイチャが続くので早めに攻略しておくのが中弛みの防止にもなるだろう。
しかし純粋な可愛いの暴力は相当なモノで夕暮れの教室での告白シーンでは一周回って死にたくなる衝動に襲われた。

【エル】

画像


女騎士枠。
シルヴィア姫お付きの騎士で本名はエロイナ・ディ・カバリェロ・イスタ。
基本はシルヴィアに近寄る外敵許すまじな姿勢で共通でもシルヴィアとやたら仲が良い主人公に対して目を光らせてる場面が多い。
主人公から押収した女騎士モノの陵辱エロゲをこっそりやり込んでいて妙な知識を付けてしまっている節があり後のHシーンにも繋がってくる。
実はシルヴィアとは実の姉妹でシルヴィアは国の政治的な案件により姫となっている事が明かされる、同じ金髪でもあるし序盤から伏線は多くあったのでここは気付き易かった。
お付きの騎士という事もあり当初は主人公と恋愛関係になる事は絶対に無いと言い切っていたが意外に簡単に説得に応じて性倫理も低くなっていく、やはり女騎士は何処においても・・・
そしてここでも

画像

ルート終盤に差し掛かった所でシルヴィアを交えた3P、所謂姉妹丼が発生する。
主人公がエルのアナル開発をしてる所にシルヴィアがうっかり部屋に入ってきてそのままという流れだが、ここでもシルヴィアとちゃっかりアナルセックスする。
今作において覚えた事はメインに攻略中のヒロインがいてもアナルセックスは浮気ではないという法則。
とりあえずライターがアナルに対して強い執着がある事だけはこれで理解できるだろう。

【シルヴィア】

画像


お姫様で本作のメインヒロイン枠。
本名はシルヴィア・ル・クルスクラウン・ソルティレージュ・シスアでソルティレージュ公国のお姫様。
前述のエルルートでも明かされるのと同じように国におけるシスア家とイスタ家のいざこざにより人質のような立場で姫になっている、実際はイスタ家の人間でエルと同じく騎士になれるレベルで剣技も強い。
本ルートでは当然ではあるが主人公がシルヴィアに対する身分違いの恋に悩む事になる。
構成としては互いに勘違いが多発してややこしくなっていて、主人公はシルヴィアが慕っているイケメン金髪がいる事にモヤモヤするが実は兄だったり逆にシルヴィアは主人公には前の学園時代の千恵華という幼馴染が好きと思い込んでしまうが実は妹だったというオチ。
千恵華は野球絡みの話で玲奈ルートにも登場するが実妹であるネタバラシは無い。
同じく幼馴染のサブの男キャラと恋仲という設定だが妹教としては例え攻略対象外サブキャラだとしてもこれだけ可愛い立ち絵を付けた以上妹に彼氏がいる設定を容認する事はできない。
兄は妹で童貞で捨てるものと有名ブランドが残した格言がある。

加えて本ルートではシルヴィアのシスア家側の妹であるミナも絡んでいて道中で好感度を上げる選択肢を選んでいくと

画像

当然3Pがある。
他のルートとの大きな違いは玲奈ルートの絢華やエルルートのシルヴィアがアナルならセーフという謎理論で茶を濁したきたのと違いミナはバッチリ処女を奪う本番がある。
加えて選択肢によってお兄ちゃんと呼ばれながらの対面座位orバックからの行為に分岐したりで優遇が凄まじい。
余談ではあるが放尿もある。
そもそもシルヴィア自体もミナの好感度調整できなかったパターンの時や細かい選択肢分岐で別のHシーンがあったりとその辺の仕様が本格的なのはさすがメインヒロインと言えるだろうか。

【理亜】

画像

TRUEヒロイン枠。
本編では最初は攻略する事ができず上記の4人を攻略後にシナリオが解放する。
度々テーマとして挙げられる「ゴールデンタイム」に焦点を当てた内容。
シルヴィアと同じく幼少時に主人公に会っているメンバーで本ルートとシルヴィアルートにて主人公が熱狂的ファンであるマリア・ビショップと同一人物だとも明かされる。
これに関してはプレイ前に公式HPを見た時から気付くなと言うのが無茶な話で髪の色が金と黒で違うにしても目の形が同じだし何よりマリア側の声優をシークレットにしてもサンプルボイスでバレバレである。
本筋としてはサガプラでは新島夕氏在籍時代以降からあまり見なくなった明確な「死」を題材としていて理亜は脳に不治の難病を患っていて幼少時から今までの10年奇跡的に生きている状態。
普段の金髪もマリア時の黒髪もウィッグで本来の髪は定期的な手術の影響でほとんど無い。
概ねの予想で奇跡が起きて病気が治るといった展開も想像したがそんなものは無く結局病気を治す手段は無く最後の最後まで恋仲になった主人公や他のヒロイン達に囲まれながら僅かな時間を共に過ごし死去する。
安易な奇跡が起きたりしなかったのは評価できるがやはりヒロインが死ぬENDは喪失感が大きいし個人的にはこれを「泣き」要素として組み込んでいるならそこまで好ましくはない。
よく完成されていた点に関して絶大な賞賛を送りたいが死ぬ事で泣かせにいくようなシナリオは違うと思う。
巷で有名な「人生」と呼ばれるゲームをイマイチ手放し褒めできない勢ではあるがそこも起因しているのかもしれない。

【総評】

【評価点】

@ シナリオゲー寄りながらキャラ萌えゲーとして秀逸

A 突然の3Pシーン含めたHシーンが前作より濃厚になっている

B 気付き易くはあるが伏線をしっかり描いていて順序立てて繋がる

【不満点】

@ 3Pに巻き込まれた側のヒロインのその後の扱いが雑

A 妹に彼氏がいる

B 妹に彼氏がいる

C 妹に彼氏がいる


Coming Soon

BALDRHEART(戯画) or RIDDLE JOKER(ゆずソフト)
記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


続きを見る

トップへ

月別リンク

Eroge The Apocalypse/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる