無限の夢想

アクセスカウンタ

zoom RSS 懐かしきおとなのアニメ。

<<   作成日時 : 2010/03/09 23:53   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

DVD化マダー?なモノが多過ぎて困る。>挨拶


さて、先週土曜はアクセス不調の為更新をお休みさせて頂きました。
その後今日までの数日ちょっとしたオフライン症候群に陥り巡回等もできなかったのが少し心苦しかったり(汗
基本重度のネット中毒な私ですがたまに反動が返ってくるので気をつけなければ・・・
そういう時はどっぷりと幻想世界に浸れば自然と落ち着いてくるものですw
後日その結果により崩し終えた作品の紹介なども。

タイトルに話を戻しますが最近になって急に過去のR-18アニメ作品を振り返ってみたくなりました。
過去と言ってもピンクパイナップルが設立された90年代より更に前のものになりますが。

■くりいむレモン(1984年)

http://creamlemon.jp/story/index.html


■魔法のルージュ りっぷ☆すてぃっく(1985年)

http://www.movie3mai.net/d--HG_knk9Sg.html

主立って代表的なのを挙げてみました。
とは言っても私もリアルタイム発売当初には●歳なのでそこまで多数知っているわけではw
ぶっちゃけそのほんの数年後にフランス書院を読み始めたなんて口が裂けても言えな(ry
当然昨今のOVAに比べると作画&演出レベルが劣りますがこれはこれで趣きがあって好きですね。
特にくりいむレモンの「亜美シリーズ」には当時衝撃を受けたものです。
1作目は兄妹が結ばれた所を親に発見されるというオチなのですが、その続編からのドロドロとしたNTR展開といったらもう(ノ∀`)
今純愛ゲーでやったら間違い無くバッシングされるでしょうね(汗
ただ今でも根強い人気を誇る名作なのはDVDBOXのプレミア具合からも読み取れます。
一方りっぷ☆すてぃっくは終始明るい雰囲気の作品。
口紅で大人になるからって中身はモロにょぅじょというw
なんというアグ●スホイホイ(マテ
しかも中の人はZZガンダムのプルやマリーベルでお馴染みの本多知恵子嬢なのでガードなど無意味。
元会社の関係難しいのでしょうがどうにかDVD化してくれないものかと未だに願うばかりです。
以上、わかる人にはわかるおっさんフィッシングなネタでしたw
懐古厨でサーセンOTL

※おまけ

http://www.nicovideo.jp/watch/sm2515243

当時テレ東で朝に放送していた天気予報。


予報はどこ?なんてツッコミは野暮ですよ(ぉぃ


【ねここい体験版感想】

ここで先日落とした体験版について触れようかと。
もうタイトルからして何処かで聞いたような感じで狙っているのか?と言わざるを得ない今作。
まずはキャラクターに対する雑感ですが金髪縦ロールの古清水さんはどう考えても前作の力の塔にいた人の身内ですよね大変よくわかりますw
あと耳ものという共通点以外に中の人でも勝負を仕掛けてきてますね〜


画像


画像

お猫様の祟りでネコミミが生えてしまった不憫な娘。
cv木村あやかでにゃんにゃん言われたら吐血モノだろ常考w
体験版部分では祟りによって発情期に見舞われて路地裏で文字通りにゃんにゃんしてました。


画像


画像

そこに目聡く気付くのが我らが巫女さん妹。
普段は遠回しなアプローチですが兄を他のヒロインに渡すまいといった仕草は随所で見られます。
特に美咲とにゃんにゃんしてから帰ってきた時に言った緩和バージョンの「あの女の匂いがする」には素で吹きましたw
ピュアに見えてなんて恐ろしい子・・・だがそれがいい!


画像

↑美咲パパ。
あれ?何処かで見たような・・・あれは確かあかべぇの(ry
ハハハ、きっと気のせいですねーそんな似た人いるわけないですよねー(棒読み

シナリオ構成的にはデビュー作と似たような感じになるのかあえて捻ってくるのかまだ読めないですがいつものポップなノリは健在のようです。
システム面も使い勝手がいいですし立ち絵のネコミミがリアルタイムで動く仕様は些細ながら感動を覚えました。
思わず「こいつ・・・動くぞ!」と名台詞を呟いてしまった(マテ
纏めると色々な所で既視感を感じざるを得ないですが相変わらずキャラ萌えに関しては充分保障できるのではないかと。
また一部攻略不可サブヒロインはFDの為にキープしそうな気がしますがw


【クソゲーオブザイヤー】

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9912887

http://www.nicovideo.jp/watch/sm9955062

いつのまにかランキングに上がっていたのが不思議。
上手く纏められていると思うので「石橋を叩いて渡る」がモットーな地雷回避スペシャリストになりたい御方はぜひとも参考にどうぞ。
個人的に一部言う程クソゲーでもなかったような?と疑問を感じる作品も存在してましたがそれはそれぞれの見解の違いでしょうね。
後半になってくると誰もが認めるキングオブクソゲーが出現してきますがw


ではでは本日はこの辺で。
暦の上では春なんて嘘だってレベルの寒さが続くここ数日ですが体調管理はしっかりとしないと。
ただでさえ規則正しいとは言えない生活を繰り返している私などは特に注意が必要かも?
たまにはコンビニ以外の所にも出掛けるかな〜(遠い目


【頼子さんの今日の一言】

http://blog.livedoor.jp/geek/archives/50996926.html


画像
実用的に見えますが着けてしまえばあまり意味がないような気が(汗

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
>くりいむレモン
18歳の私が分かるわけないじゃないですか

・・・超次元伝説ラルは相手が人じゃないことで下腹部が・・・以下略
に衝撃を受けたものです>詳しくはウィキでも(マテ

>予報はどこ?なんてツッコミは野暮
缶詰めのイナリ寿司CM懐かしすぎます(・・;)

>美咲パパ
どこかで見たときがあるような気がしてましたが謎が解けました(^_^;)
口調も似てますしね(・・;)

>着けてしまえばあまり意味がないような
そこは脳内変換で(蹴)
元井 広夢
2010/03/10 10:21
★元井さん
>超次元伝説ラルは相手が人じゃないことで
見事にアウアウなアニメでしたねあれはww
さすがにDVDで再販されない理由も頷けます・・・
でも個人的にモロ見えるのは逆に萎えるという(ry
alone
2010/03/11 23:46

コメントする help

ニックネーム
本 文

簡易近況報告

TweetsWind
懐かしきおとなのアニメ。 無限の夢想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる