無限の夢想

アクセスカウンタ

zoom RSS レビュー2014/5/30「大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-」

<<   作成日時 : 2014/05/30 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

ここが醸し出す癖になる安定感は秀逸。>挨拶


画像



「皆と友達以上恋人未満、ぬるま湯のような関係こそもどかしくも甘く至高である」


alone the blood(2014 Japanese)


【大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep- レビュー ※バレ注意】

■原画 ★★★★☆(4)

■Hシーン ★★★☆☆(3)

■音楽 ★★★★☆(4)

■システム ★★★★☆(4)

■シナリオ ★★★★☆(4)

■ルート別評価

つぐみアフター A

玉藻アフター B

千莉アフター B

佳奈アフター A

凪アフター B

真帆アフター B

水結アフター B

紗弓美アフター B

葵ルート A

筧爆発しろルート A

Appendix(おまけシナリオ+放課後しっぽりデイズ) A

■各種雑感

@"オーガストらしい"と言う表現がしっくり来るバラエティ豊かな完成度

今作は文字通り大図書館の羊飼いのFDに当たる作品で大まかな内容としては以前紹介したハピメアFDのように目立った続編展開があるわけではない。
部屋や図書室に籠り本を読む事しか生きる楽しみの無かった主人公筧京太郎が紆余曲折を経てヒロインと特別な関係になったその後を描くアフター、あとは本編で攻略不可だったサブヒロインへのフォローも万遍無く行き届いている。
本編ではTRUEルートにて自身も羊飼いとして人々を導き世界の外側の人間として生きるか否かを葛藤した京太郎だが、彼はヒロイン達と生きる今の日常の尊さを優先した。
公式のあらすじ欄にある佳奈すけの「図書部は永遠に不滅です」という宣言を準拠するように今作では図書部のメンバーやその他の周囲の人達を巻き込みつつの青春の1ページが語られる流れだ。
簡単に各エピソードの雑感を。
つぐみアフターでは生徒会長になった彼女を支える京太郎といった構図で互いにマイペースな恋人同士という事で公衆の面前でもバカップルと化している。
つぐみはTHE正統派ヒロインをそのまま形にしたような感じだが正統が故の安定感が非常に良い味を出している、控えめに見えながらもちゃっかり相手を尻に敷いてしまえそうな貫禄も。
ずっと反抗していた副会長の葵を丸め込んでしまえる辺りカリスマ性もあると言えるだろう。
玉藻アフターでは俗に言う「家族への挨拶」がテーマになっていて、名家生まれの玉藻の父親が家族関係が破綻している京太郎との付き合いを反対し父と娘の親子喧嘩に発展。
親に捨てられ保護者のいない京太郎だがそれは本人ではどうしようもない部分で突いてはいけない禁忌だ、激昂する玉藻だったが京太郎本人は人格的に異様に大人びているので玉藻が飛び出している間にちゃっかり男同士で和解してたというオチ。
玉藻はヒロインズの中では個人的にそこまでしっくりこないタイプだったりする。
千莉アフターでは彼女の音楽の才能を更に伸ばす為に海外留学の話が飛び込んできたりで一騒動。
京太郎と離れたくない想いの強い千莉だったが彼の実直な応援を受け止め留学する事を決意する。
図書部のメンバーこぞって涙ながらに送別会をするのだがそこで本人から「留学は2ヶ月間」という衝撃のオチが暴露され一同ブチギレみたいな和気藹々具合の強いシナリオだったかなと。
千莉は巷では地味扱いのようだが私はかなりストライクゾーンに入ってきたヒロインだ。
猫系もしくは小悪魔系の後輩には実は弱かったりする。
佳奈アフターは彼女の文才を活かしてコンクールに応募、京太郎も様々な方面で手助けしつつ奮闘という二人三脚な話が展開される。
2人で一緒に頑張りたいが甘えが出てしまい距離を取って頑張ろう、しかし離れる事による発生する喪失感。
その辺の距離感との苦悩もありつつの甘酸っぱい雰囲気は非常に楽しませて貰った。
人気投票ナンバー1の後輩は伊達じゃない可愛さだがそれにしても恋人になっても京太郎は時々笑ってしまうくらいドライだよなと(電話折り返し掛けず寝る所とか)
私自身過去がまさにそんな感じで無意識に相手を放置したがる癖があるので耳が痛い。
凪アフターは本筋の核となる羊飼いに関しての掘り下げもあって一風変わった雰囲気を出していた。
羊飼いの世界から離れて生きる事を選んだ2人だがその羊飼いに関する記憶はその特性により次第に薄れていき思い出す事ができなくなっていたが、「2人が惹かれ合った思い出は羊飼い時代の記憶の中にある」という根源を知りそれに関連する過去の辛い記憶も含めて背負っていきたいと思うように。
自身を世界から隔離して私情を捨てた羊飼いのボス=京太郎の父親が京太郎の為に父親らしい一面を見せる場面は見所の1つだろう。
サブヒロインアフターに関してはここでは割愛をお許し願いたい。
ただどれもヒロインの持ち味を上手く引き出したルートであった事は間違いないので安心して楽しめる仕様だ。
個人的には嬉野さんアフターでお漏らし我慢系の嬉ションエピソードがあった事は歓喜せざるを得ない。
追加ヒロインとして真帆にべったりで本編では図書部に対して嫌がらせもしてきた副会長のTAKIGAWAさんが攻略できる。
発表当初は「正気か?」のような意見もあったが前作との期間で良い感じにほとぼりが醒めたのが幸いして普通に可愛いヒロインとして機能していた。
堅物で潔癖症な人間程一周してチョロインになり易い、はっきりわかんだね。
真夏のバトルと題した京太郎エピソードはハーレムルートのような雰囲気でノリも良く意外にも結構なボリュームもあって最も楽しめた。
最初は京太郎とつぐみが良い仲になるように画策していた他の図書部ヒロインも次第に自分の気持ちを我慢できなくなっていき次第にピリピリした牽制が始まる。
「捨てられない」とか「覚悟を決めて選ぶ」のような思わせぶりな台詞が全て家で積み上がっている本に関する事だというオチに辿り着くまでのアンジャッシュノリも秀逸だったと思う。
個別は個別で悪くないが本編感想でも書いた通り「図書部の皆で作り出す空気」が好きなのでこういうマターリルートが一番好ましく癒されてしまう自分がいる。
おまけ部分でイチオシで評価したいのはまさかのつぐみの妹のさよりを絡めたシーンがあったという点。
姉のつぐみと京太郎が合体してる現場にさよりが遭遇しコトが終わった後にさよりも迫ってくるというAVでありそうな流れだ、しかもつぐみは疲れでぐったり寝てて真上で自分の彼氏と妹がギシアンしてるのに全く気付かないという残念ぶり。
いつものオーガストならこういう3Pっぽいのは夢オチになるのだが今回はそうではない風の幕引きなので何とも言えない読後感が素晴らしい。
総合的に見て冒頭でも言ったようにバラエティ色の強いFDで本編ファンなら楽しめる事請け合いだしむしろぜひプレイして細かい所まで補完する事を薦めたい。
秋にはアニメ化も決定しているが

画像

キャベツから生まれなくてもキャベツを生むのはやめてねTAKIGAWAさん?
と言った所でお後が宜しいようで。


※おまけ

http://news.livedoor.com/article/detail/8863920/

ペットにするのもナウいらしい(マテ


【ころげて新作、小鳥尽くし】

http://blog.livedoor.jp/insidears/archives/52657526.html

完全に小鳥ちゃんを唯一ヒロインにしたラブプラスみたいな雰囲気の作品ですねー
それにしてもイリアさんのボイスが脳トロ過ぎてバイノーラルとか全力で悶え殺しに来てる件。
ファンは発売まで公式の「ことりちゃんびゅーちー」ボタンを押しまくりましょー


ではでは本日はこの辺で。
この一週間はちょっとバタバタしてましてブログの更新や巡回も遅れ気味になっていると思われ。
週が切り替わる前に更新できてたら一応週1継続は続いてると言っていい・・・はず。
先日WHAT2というアクアプラス系のイベに行ってきたのでそれのレポも次回余裕があれば混ぜていけたらなと。
アニメはチェック漏れてて今更ながら見たいなと思い出したのがシドニアの騎士とブラックブレットですかね、後者のは作中でアイドル生み出したりしてリアルでも連動したりと作風とは別口で色々やってるみたいで。
追っ掛けるかはまた別ですが・・・何だかんだでラブライブも受け入れ体勢になるまで1年掛かったしWUGちゃんと天誅ガールズにハマれるのはいったいいつになるやらw
二次元系アイドルなら何でもって具合に無理にハマれるわけではないですし自然にフィーリングが合ったモノを探すのが一番でしょう。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
>シドニアの騎士
欠かさず見てますw
戦争モノなんだから登場人物が死ななきゃおかしいだろjk
な人にとっては良作。
アニメなんだから誰も死なないハッピーエンドで良いじゃん
な人にとっては駄作です。
私は前者なので楽しくみてますw
戦争なんだから、登場人物は死んでいかないとねー

>ブラックブレット
小山力也さん、数話出てますw
囲炉里の会を作りたいほどょぅじょが(殴
こちらも面白いと思いますよ

あとは時間ですよねー
いかにして視聴時間を捻出するかが課題ですよね
ぱすた
2014/05/31 20:19
>大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-
本編もプレイしていない私は自称八月信者(ぁ

>ラブライブも受け入れ体勢になるまで1年
受け入れれば何年かかっても宜しいかと・・・ただ、そこから全部を集めるのは大変な場合も>プレミアとか(・・;)
元井 広夢
2014/06/01 10:56
安定感はあっても私向きではないから(結局それかい

>キャベツを生むのはやめてね
話題にならず埋もれるのが一番怖いよね(ぁ

>自然にフィーリングが合ったモノを探すのが
そして新しい属性に目覚めるのがお約束です(笑)
カーフ
2014/06/01 18:03
>小悪魔系の後輩
 踏まれたいです。

>我慢系の嬉ション
 ガタッ!ガタガタッ!

>彼氏と妹がギシアン
 素晴らしいシチュですね!目覚めたヒロインが妹をペロペロと攻め始めるとかあったらさらに凄そうですね・・・ふぅ。

>ブラックブレット
 幼女がメインすぎて、jkをババァ扱いする神アニメですよねw 幼女目的で見ています!ティナちゃんにいけないこと教え込みてーー!(ゲス
ピー太郎
2014/06/03 22:39
★ぱすたさん
>いかにして視聴時間を捻出するか
それぞれの情報ありがとうございます!
時間さえ取れれば纏めて視聴したいんですがやはり1話当初から見てないと今からってのは厳しいんですよね・・・明日こそはとか思ってると次クールの消化に追われるというオチw

★元井さん
>そこから全部を集めるのは大変
まさにラブライブなどは円盤の初回盤全部プレミア付いてますからねー
動画サイトが流行して円盤の売上不振が嘆かれるご時世なのにコンテンツとしての注目度がハンパ無いなとつくづく感じた次第で。

★カーフさん
>話題にならず埋もれるのが
毒にも薬にもならないパターンは勘弁して頂きたいですねw
昨今だとワルキューレロマンツェとかがオリジナル勝負で成功してましたが八月ゲーみたくボリューム大で伏線の核がしっかりしてる話は中々アニメだと上手く描けないのが悲しい現実(-_-;)

★ピー太郎さん
>目覚めたヒロインが妹をペロペロと攻め始めるとか
結局終始起きなかったんでそこだけは無念な点かも。
個人的にあの作風の中で背徳展開とかギャップもあって色々とイキリ勃つんでもっと攻めてほしかったりw
むしろアニメはオリジナルで姉妹丼ルートとかやってくれたら神展開なんですが(ry
alone
2014/06/07 02:56

コメントする help

ニックネーム
本 文

簡易近況報告

TweetsWind
レビュー2014/5/30「大図書館の羊飼い-Dreaming Sheep-」 無限の夢想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる