無限の夢想

アクセスカウンタ

zoom RSS 雑記2014/6/11「ミリマス1stライブレポ。etc」

<<   作成日時 : 2014/06/11 23:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

どんどんライブ中毒になっていくのを実感する。>挨拶


画像



765シアター組は次世代アイマスの希望の星!


【6/7、8 THE IDOLM@STER MILLION LIVE! 1stLIVE HAPPY☆PERFORM@NCE!!】

画像

随分前にあったアイマスSSAぶりですが久々にライブレポなどを。
今回はグリーで絶賛稼働中のソーシャルゲーム「アイドルマスターミリオンライブ」の記念すべき1stライブに参加してきました。
とは言っても残念ながら現地には行く事は叶わずライブビューイングでになりましたが。
発売当初早々に完売してしまった応募ID入りCDをどうにか入手し抽選を待ったのですが所詮1枚だけじゃ当てるのは無理でしたね・・・2次抽選も見事に落ちましたしミリオン組の人気を正直舐めてました。
ただLVはLVでスクリーンで演者の様子がよく見えるし後で説明しますが今回はLV組の方がイロイロとオイシイ思いをしたかもしれませんw
そもそも梅雨真っ盛りで当日の東京は大雨でしたし当たって遠征してたとしても大変だったと思われ。

物販で購入したのは事前通販のサイリウムセットにプロデューサーバッグ、あとは当日に映画館でパンフです。
これも大阪は余裕で余ってましたが東京は完売で買えなかった人もいるそうで、やはり知らず知らずのうちに人気が凄い事になってるなと実感。
ふと考えてみたのは今回のライブに参加するのはどういった層なのかいう点。
最も多いのは本家765、シンデレラ共に参加しているライブベテラン勢でしょう、その次くらいに来るのはミリオンのゲームプレイヤーかな?
あとは中の人がホリプロ系が多いし数名に関してはミュージックレインというスフィアの後輩みたいな位置にいるガチアイドル声優なのでえそっちの追っ掛けの占める割合も多いかも。
加えて現地と映画館でも参加客層の違い、ライブ中における温度差もある事は確実だと思います。

個人的な失態というか様々なライブに参加してきて初めてやらかしたんですが、2days連続で参加で2公演共に開演時間同じだとチケもよく見ずに思い込んでたんですよね。
実際1日目は18時、2日目は17時だったんで2日目も同じ時間だと勘違いしてて約1時間遅刻しちゃったのは悔やまれます・・・この辺はライブ勢としてまだまだ意識が低いなと猛省した次第なので今後気を付けていきたい所。
幸いだったのは見逃した序盤は初日とほぼ同じセトリの部分だけで肝心な所は見れた事。
ただ最初の演者の挨拶とかMCも気になるので円盤発売が決定したら音速で予約しようと思いますw
ではここらはサクッとセトリと一緒に曲感想などを。

6/7

1.Thank you!
2.Pretty Dreamer 山崎夏川諏訪
3.素敵なキセキ
4.ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン
5.Happy Darling
6.Legend Girls!! 麻倉愛美大関
7.Sentimental Venus 夏川伊藤木戸
8.恋のLesson初級編
9.スマイルいちばん
10.フェスタ・イルミネーション
11.トキメキの音符になって
12.Marionetteは眠らない Machico麻倉愛美

カバーコーナー
13.GOMYWAY 山崎諏訪
14.キラメキラリ 夏川伊藤
15.きゅん!ヴァンパイアガール 麻倉渡部
16.relations 山崎愛美
17.自分Rest@rt Machico大関木戸→全員

18.流星群
19.Blue Symphony Machico渡部伊藤
20.透明なプロローグ
21.オリジナル声になって
22.瞳の中のシリウス Machico諏訪渡部
23.ココロがかえる場所 山崎麻倉大関木戸
24.Welcome!! 新曲全員

アンコール
25.THEIDOLM@STER
26.Thank you!

6/8

01.Thank you!
02.PRETTY DREAMER 山崎夏川上田
03.素敵なキセキ
04. Happy Darling
05.恋のLesson初級編
06.Legend Girls!! 麻倉郁原伊藤
07.Sentimental Venus 夏川郁原種田
08.アフタースクールパーリータイム
09.チョー↑元気Show☆アイドルch@ng!
10.ココロ☆エクササイズ
11.トキメキの音符になって
12.Blue Symphony Machico雨宮種田藤井

カバー曲コーナー
13.GoMyWay!! 山崎種田
14.キラメキラリ 夏川伊藤
15.きゅん!ヴァンパイアガール 麻倉雨宮
16.relations 山崎藤井
17.自分REST@RT Machico上田郁原

告知タイム
田所あずさ登場

18.U・N・M・E・I ライブ 山崎麻倉田所
19.Marionetteは眠らない Machico麻倉雨宮
20.透明なプロローグ
21.朝焼けのクレッシェンド
22.微笑み日和
23.ライアー・ルージュ
24.Precious Grain
25.瞳の中のシリウス Machico上田藤井
26.ココロがかえる場所 山崎麻倉雨宮
27.Welcome!! 全員
アンコール
28.THE IDOLM@STER
29.Thank you!

まずは何と言っても「これぞミリオンライブ!」といった主題曲である「Thank you!」は外せません。
ほとんどのPがこの曲のコールは基本としてマスターしてるのではないでしょうか?
やまびこ式の「おーはよー」「がーんばろー」「とめられなーい」などは分かり易いですしTHEアイマス曲って感じが馴染み易いと思います。
実際2公演共に最初と最後に歌ってますしやはり主題曲というのは暖めにも締めにも適してるよなと、本家765くらいの曲数になるとまたパターンは変わったりしますけどね。
初日で最初の超絶盛り上がりポイントといえば劇場版でもお馴染みの横山奈緒ちゃんの持ち曲である「ハッピー☆ラッキー☆ジェットマシーン」
ライブ前とかこれで全力出したいが為に風呂で「レッツゴー!レッツダンス!レッツゴーダンス!うーわっしょい!」のコール練習してましたからね(近所迷惑)
いやキャラが特に好きとかではないですが私の場合キャラはキャラ、良い曲は良い曲と割り切れるので盛り上がりたい曲では全力を出す以外選択肢はありません。
本家で例えるなら我那覇響ちゃんは好きではないですが曲は大好きだったりしますし。
続いて同じく劇場版組だった箱崎星莉花ちゃんの曲である「トキメキの音符になって」
これは中の人の麻倉ももちゃんの可愛さも相まって萌えの暴力が我々に飛んできました。

http://ameblo.jp/asakuramomoblog/entry-11874813614.html

麻倉ももちゃん「通称:もちょ」はその独特のキャラが人気でブログの文章も変な時空に包まれています。
トライアングルハーモニーというラジオもあるのでオススメだよ〜

http://ch.nicovideo.jp/aiueo/blomaga/ar430273

ブログの名言で既に打線が組まれていますw

カバーコーナーでは定番の765本家曲をミリオン組が歌と踊り共に見事に頑張っていて新しい世代へのバトンタッチをより強く感じましたね。
センターの春日未来役の山崎はるかちゃんも喋り方や雰囲気を中村繪里子さんに似せてきてる辺りこれからは自分がアイマスを引っ張っていかなくてはという意識の表れに見えました。
何だかんだで本家はどんなに続いても次の9thをやって最後に10thでフィナーレってくらいしかできないでしょう。
これはほとんどの人が見て見ぬフリしてきた事ですが中の人も10年近くやって年齢と共に活動を落ち着かせていくのが自然、何処ぞの永遠の17歳さんみたいな例は極稀なのです。
初日一番の盛り上がりで終演後のツイッタ―の話題を埋め尽くしたのはジュリア役の愛美さんが歌う流星群。
SSA参加組ならご存知かもですがエレキギターを持っての弾き語りでその疾走感は伝説と言われていました。
私はSSAは2日目のみだったのでずっと気になっていたモノを体感できて僥倖でしたね。
曲は曲で素晴らしいんですが今回その愛美さんのステージ衣装のスカートがやたら短くて更に赤いガーターベルトを装備していたというミラクル。
その上ビューイングのカメラがローアングル狙いまくりで・・・あとはわかるな?
腰を強調するダンスでカメラが寄っていった所で皆「foo!!!」と外国人みたいな声挙げてました、思わずコール中断するP諸君ェ・・・プロのPでもガーターには勝てなかったよ。
先述のLV組の方がよかったんじゃね?というのは主にこの辺が関係していたというオチ。

引き続き2日目に突入しますがちょうど遅刻して席に着いた頃に始まったのが所恵美役の藤井ゆきよさんの「アフタースクールパーリータイム」の時でした。
曲の疾走感も去る事ながら本人のルックスの良さとダンスの色気がヤバかったです。
さすが女優もやってただけあって表情の作り方とかが素晴らしく上手いなぁと。
公演が始まる前に体調不良で急に欠席が決定していた最上静香役の田所あずさちゃんでしたがギリギリの2日目朝になって公式から「追加出演」の発表が。
穴埋めで本来1日目だけだったはずの七尾百合子役の伊藤美来ちゃんも急遽参加が決まっていて彼女の扱いはどうなるのかとざわつきましたがどうやら双方共に出演という事で安心。
喉の具合でドクターストップだったという事で心配されていましたが、途中から登場してからはユニット曲をばっちりこなしていました。
ころあずの登場を喜びながらもこの時の私はとある事情で心中穏やかではありませんでした。

画像

いかんせんライブに遅刻してきて序盤の数曲を見逃しているのでもしかしたら自分の本命曲を逃しているのでは?という焦りが・・・曲調や盛り上がり考えても最後の方だとはある程度踏んでましたが。

画像


画像

ちなみに私のミリオンでの推しアイドルは北沢志保ちゃん!
劇場版を見てその不器用ぶりに「面倒臭い女」好きの私のハートに火が点き、それをキッカケに始めたミリマスのイベントのドラマパートでのシナリオ(主にごしゅP様)にノックアウト。
そしてトドメに中の人の雨宮天ちゃんが天使過ぎたのが私を止まれなくしてしまった、このままだとアイドル声優オタになってしまう(まだギリセーフ・・・か?)
好きな曲である伊藤美来ちゃんの「透明なプロローグ」や田中琴葉役で最近各所アニメでも有名な種田梨沙ちゃんの「朝焼けのクレッシェンド」に聞き惚れながらもウズウズしていてついに待望の「ライアー・ルージュ」で雨宮天ちゃんが登場した時は思わず天を仰ぎました、天ちゃんだけに(ry
カバー曲パートの「きゅん!ヴァンパイアガール」でのサビ前の「パッと舞って ガッとやって チュッと吸って はぁ〜ん♪」が天ちゃん担当で悶え死んで充分消耗していたのですがソロ曲でルミカペンライト振り過ぎて白色が濁ってしまったという・・・テンションが上がり過ぎて酷使するとこうなるので皆さんも気を付けましょう。
そしてこの流れで今回欠席だったはずが急参加が決まったころあずの「Precious Grain」が来たわけですから会場のボルテージはこの瞬間最高峰へと高まりました。
展開がマジで泣かせに掛かっているというかアニメの脚本みたいですよねコレw
作品は作品で勿論シナリオがありますがこういうリアルライブにおいてもドラマを起こす辺りアイマスは「持ってる」なと常々思う次第で。
新曲の「Welcome!!」もノリ易くて良い曲ですね、CDで聴けるのも楽しみです。

総括として1stライブの内容は予想よりずっと素晴らしい盛り上がりを見せたのではないかなと。
ただまとめスレ等を見る限りでは中野会場及びLV開場のマナーについては色々不満の声が挙がっている模様。
注意事項でやるなと書いてあるのに過度なジャンプしたり奇声上げたり酷いモノになるとオタ芸打つ馬鹿もいるとかで、私の知る限り765本家でそんな事やろうものなら警備員より先に古参P達に集団で囲まれて場外にポイされるのでそっちではあまり見掛けないのですが演者が若くてよりアイドル寄りなのでAKB好きのような三次元寄りの厄介ドルオタが面白半分で参加してたりしたみたいです。
中野の現地はそもそもの倍率が高いので別ですが気軽に行けるLV会場にはそういった厄介勢が結構湧いていてよくわからん奇声出したりジャンプして迷惑掛けたり明らかに間違ったコールを入れたりで古参Pはブチ切れでしょうね。
まぁコールとかに関しては私も本家のカバーパートの時ので「違くね?」って思ったりもしましたがそこはミリオンで初参加の新規Pもいるだろうし今後自然に統一されていくものだと思っています。
実際私はコールもしないサイリウムも振らない俗に言う「地蔵」も一種の観賞スタイルだと考えてますし。
ツイッタ―で頻繁に見るコピペを私パターンで書くなら

アイマスライブで散々騒いで楽しく盛り上がるのも良いけど、
俺くらいの通になると腕組んで半分地蔵になりながら彼氏面して参加するんだわ。
意味深な含み笑いや相槌、目が会った時に控えめに手を振ったり、
ライブでも控えめに手拍子したりするのがポイント。
今日の俺は完全に雨宮天の彼氏だった。


↑これですねw
この凄まじく気持ち悪い発言なのに無駄に潔い所がツボです。
ただAKBなどの三次元系アイドル現場の風潮をこちらに無遠慮に持ち込んで騒ぐのだけは決してやってはいけない重罪でしょう、郷に入りては郷に従えという言葉通りにアイマス現場にはアイマス現場のルールがあります。
そんなガッチガチに規則があって守らないと排除!みたいなのは無いですけど最低限のライブマナーはないとただの動物園ですからね。
どうせなら演者が見せてくれる最高のパフォーマンスを気持ち良く見て帰りたいのは皆一緒です、どうしても人気になるとこういう厄介勢は出てきますが好き勝手できないように浄化していくのは今後の課題かと。
無駄に長々と書いてしまいライブ勢じゃない方には申し訳無い限りですが「管理人元気だな」程度に笑って下されば幸いですw
次回は8月のアイマス9thライブが待ってるんで頑張るぞ!


【エロゲにおけるピーク】

http://anrism.blog.fc2.com/blog-entry-1450.html

ホントに積み癖が付いてしまった時は予約して買うまでがピークでしたが最近は多少はキチンと崩しているので共通ルートまでは意識高いかもw
個別は・・・イチャイチャだけが続くやつはきつい。
以前から思ってたんですが別に回避不可にする必要は無いものの純愛ゲーでも各ヒロインルートに救いの無いBADENDを用意すると刺激があって面白いと思うんですよねー
NTR男が出現するとかキモオタに犯されるとかね、絶対に回避できないパターンはそっち専門の作品じゃない限りただの炎上の火種ですが「プレイヤーの選択」による結果なら悪い結末もアリかなと。
始めた時点で確約されている"約束された幸せな未来"は飽きが来てしまう輩です(-_-;)
あ、唐突ですがエスカレイヤーのリメイク版楽しみですね!


ではでは本日はこの辺で。
たまにはがっつりライブについて書くのも自分の中で活気付いたかも。
それはそうともう2ヶ月ちょいで夏コミが迫っているわけですが今回我らがサークルおたまじゃくしは


落選しました!


いや前回はホント原稿モチべが最下層レベルだったし色々ハプニングもあったりだったのでとりあえず冷却期間って感じでいいのかなと、また冬に再始動するかしないかって雰囲気ですね今の所は。
最近ライブ勢気味なのを買われてかお友達サークルの萌え学共同体さんに寄稿の誘いを頂いたので今回はそちらで二次元アイドル関係について一筆書こうかなと考えています。
夏コミが近づいたらブース番号等告知しますのでぜひとも萌え学さんの方にお立ち寄り頂ければなと。
当日は何も無ければ一通り会場回ってから昼からブースにお邪魔させて貰ってるかもなのでエンカウント希望の方はぜひとも。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
やはり生はいいものですよねということで
ライブにレポとご苦労様ですね〜

>私のミリオンでの推しアイドルは
私向きとかいそうもない(当たり前か)ので傍目からのんきに見ている人です(ぉ

>この凄まじく気持ち悪い発言なのに
ラノベが書けそうなレベルですね(殴)

>落選しました!
落選から成長したり学べることもあるんですよと(^_^;
カーフ
2014/06/15 08:12
>エロゲにおけるピーク
 体験版まででたいてい燃え尽きてしまいます。ゆえに体験版をしないようにしています。
 エンディングもそこに至る過程とか理論がしっかりしていれば、結末が悲惨だろうと納得できるので、いろいろな可能性を見られるという点ではありじゃないかと思います。
 まあ、最近で言うなら、神のみの天理ちゃんの悲惨すぎる結末は納得できたとしても涙が止まらないレベルですがね!(白目
ピー太郎
2014/06/18 23:17
★カーフさん
>ラノベが書けそうなレベル
ある極限に達してしまった人からはこういう名言が生まれてしまうものですw
いつかオタク界隈のツイッタ―名言纏めたりを自分とこの本でやりたいかも(ぇ

★ピー太郎さん
>いろいろな可能性を見られるという点では
選択による結末の変化はプレイする上でのアクセントになりますし個人的にADVって本来そういう面あったはずだよなと感じる次第で。
最近は攻略そのものの難易度もあって無いようなものなのでとことんストレスフリー追求してますねー
alone
2014/06/21 00:54

コメントする help

ニックネーム
本 文

簡易近況報告

TweetsWind
雑記2014/6/11「ミリマス1stライブレポ。etc」 無限の夢想/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる